top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

東京都優秀技能者(東京マイスター)知事賞

更新日:2021年9月22日


10月の終わり頃に、受賞のお知らせは頂いておりましたが、ようやく賞状と盾が届きました。



技能士会からの推薦で、今年5月に申請を出して約半年。

忘れた頃にやって来た・・みたいな。

『東京マイスター』って、あまり聞きなれない・・と言うか、何それ?って感じでしょうか。

グランプリは自力で勝ち取った感がありますが、こちらは他薦という事で何とも難しい。

ある意味、グランプリ以上の価値がある気がします。


提出する書類が膨大で、制作してくれたスタッフや事務局の方に感謝です。

その職種においての技能と、業界や社会への貢献を認められたという事ですが、嬉しいですね~ 

今まで努力して来た事、頑張って来た事を評価して頂いたんですから。


例年であれば、受賞者は都庁に呼ばれて盛大な授賞式があります。


今年はコロナ禍で、それは無し。

それは、ちょっと残念だったかな・・



22歳の時にクロス屋に修行に入って、色んな事がありましたが、もう直ぐ35年も経ちます。

まだまだ道半ばではありますが、何となく感慨深いものがありますね。


不器用で、何やっても上手く出来ず、随分悔しい思いや恥ずかしい思いもしてきました。

頭がいいわけでもなく、他人より体力があるわけでもない。

何の取り柄もない僕でも、地道に頑張れば、ここまで来れるんだ。


って言うほど頑張ったつもりもありませんが・・・(笑)


この仕事が楽しいですよね。

そりゃ、泣きたくなるような現場もあるし、腹が立つような事だってある。

でも、基本。 この仕事は楽しい。 面白いですよね。


野球が好きだとか、何が好き、あれが楽しいとか言っても、やっぱり仕事が一番面白いですよ。

そんな中、自分の仕事を認められたのは、凄く嬉しいです。

実際、私なんかより、この賞にふさわしい職人さんが沢山いると思いますが、それはそれ。

10年前に亡くなった親父も、喜んでくれるでしょう。

後に続く若い職人さん達、技能士会の後輩達にも励みになれば嬉しい。



そして、この大きな盾と賞状。

どこに飾ろう・・・


しばらくは親父の仏前に置いときますが、また事務所の模様替えでも考えるかな(笑)




Comments


bottom of page