top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

基本に帰る

先日、土手でジョギングしてたら(殆ど歩いてる・・)、

少年野球チームが練習してました。


私ね、結構子供好きでね。

うちに3人の男の子いますが、上の2人はサッカー。

一番下は小学校の頃にスイミング。

結局、野球やる子がいなかった。


もし一人でも野球やってたら、多分、私は自分の野球は辞めて、きっと

少年野球のコーチでもやってたと思う。


なので、少年野球を観るのも楽しい。


大体、指導者は子供に対して、どう教えてるのか?

ずっと興味がありました。



野球って難しいですよ。

あんなに小さいボールを捕って投げて。

そして打つ!


中学生くらいになれば、身体も出来てきて教えやすいと思う。

でも小学生は難しいよね。

無理させたら怪我させちゃうし、下手したら野球を嫌いになっちゃう。

昔は選手を恫喝したり、殴ったり・・なんてあったようだし。


最近は、その点では随分改善されて、指導者もかなり慎重・・・じゃない?

で、どんな教え方してるのか、グランドに近づいてみた。


まあ、良いのか悪いのか分からんけど、ミスしても怒らない・・印象。

逆に小さい事を、よく褒める。 可笑しいくらい。

子供からしたら嬉しいだろうね~


世の中の風潮からしたら、こんな風になるのかね。


でもね。 

技術的な事に関しては、実に基本に忠実で、思わず唸りましたね。

僕らが高校で監督コーチや先輩から習った、そのまま。


今、メジャーリーグとか注目されてて、逆シングルとか、アッパースイングとか、

そんな派手なプレーに寄ってるのかと思ったら、やっぱり基本は基本。

昔も今も変わらないんだな、って思った。


僕らが仕事で、若い子や後輩達に何か教えるのにも、これは参考になりますね。

もちろん訓練校の講師としても。


じゃ、クロス張るのに基本って何だ?

パテ打つのに基本って何だ?

そこからだね。


少年野球の指導者から学び、子供達からも学ぶ。

学ぶ事がいっぱい。

こりゃ、一生勉強だね。

Comentarios


bottom of page