top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

先生

更新日:2020年11月6日

先生と言っても、学校の話じゃありません。


先日、ある現場に、応援の白井さんと新人の2人で行ってもらいました。

この日は、まずはパテから。


うちの新人。 

4月入社で既に7ヶ月が経過。

ですが、本格的に思いっきりパテをした経験がありません。

パテと言ったらビスパッチ専門で、まともに目地埋めたり不陸を直したりの経験がない。

全く無いわけじゃないけど、殆どない。


少し前に私と2人でパテした時に、いくらか教えてはいたんですが、

何しろ今日中にここまでパテ仕上げたい・・とか何とか理由つけて、面倒見てる時間もなかった。


そしたらね・・ この日、白井さんがバッチリ教えてくれたみたいなんです。


新人。 物凄く上達したようで、嬉しくて嬉しくてLINEして来ます。

「明日、自分がパテした所見てください。 感想聞かせてください」って。


次の日、見ました。 私。

確かに大分上手くなりました。


モコモコにしか出来なかったのが、ちゃんとチリが切れてる。

まだまだ盛りが甘いし、痩せてる箇所も多い。


でもね、本人、相当手応えあったんでしょうね。

私も、そう思います。

この調子で、すかさず次のパテ現場に連れて行きたいと思います。

鉄は熱いうちに打て!


普段、一緒に仕事してる我々よりも、たまにポッと来て教えてくれる人の方が、

的確な指導をするケースってあるんでしょうね。

いや、白井さんにそもそもの実力があって、教え方が上手いのも事実。

果たして、どんな教え方したのか・・ また何を教えたのか。

とっても気になる所ではありますが、そこは新人君の宝物として、

大事に仕舞っておいてもらいましょう。




その後の手つき、動き、仕上がりを見れば、

何を教わったか見抜けます。


私が教えるより、よっぽど効果的だったなんて、幾分嫉妬というか、ガッカリな気もしますが、その様子を見るのも勉強になります。


なにより、手応え感じて喜んでる、

張り切ってる新人君を見てるのが嬉しい。


応援してくれる人、教えてくれる人も、

これなら教え甲斐もありますよね。


新人君、今伸び盛り(笑)

これからも色々吸収して頑張ってください。








----------------------------------

クロス・床・襖のご相談は

有限会社ヤマザキ美装まで!

東京都足立区元木南町20-9

----------------------------------


Commenti


bottom of page