top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

表美展

表美展、毎年この時期に開催されてます。

でも、去年は仕事が入ってて来れなかった。


その前はコロナ禍で中止。

なので2年振りだか3年振りだか・・・


千葉県立美術館で行われている、表具の展示会「表美展」。

今年はようやく、来れました(笑)



我がヤマ美連合の仲間、潤ちゃんが毎年作品を出展してます。

今年はどんな作品なのか、とっても楽しみ。

5月3日から8日までの期間で、実際に潤ちゃんが会場に居るのは6日と8日だけらしい。

でも、その日は両日共に私の方が都合が悪い。


なので、潤ちゃん不在の日だけど、行っちゃいます。


表具には、とっても興味あります。

とは言っても、実際に自分で何とか出来るのは襖ぐらい。

掛け軸とか屏風なんかは、見るだけで自分で作るなんて、

とても無理。

作品を見たり、作業風景を見てると、自分でも出来そうな気もするしやってみたい気持ちは、たっぷりあります。

クロス屋仲間で、表具を勉強してる人も何人もいる。

でもなかなか踏み出せないでいる。

時間が無い・・なんて言い訳してる間に、どんどん置いてかれて

行くんでしょうね~


な~んて事を、ず~っと思い続けてますが。

まあ、それはそれとして(笑)



潤ちゃん不在なので、一人でじっくり観て回り、GW終盤で高速道路も渋滞

する前に早々に引き上げるつもりでいましたが・・・


なんと大御所の大先生が、付きっ切りで解説してくださいました。


掛け軸や屏風の事なんて、私にはよく分かりません。


でも長年、こうして展示会等に見学に来てると、だんだんその良さや難しさ、

そして不思議な事に気付きます。

「ここ、どうやって仕上げてるんだろ?」

「これって、何か意味があってこうしてるの?」

って疑問が湧いて来ます。

そんな疑問に大先生が優しく答えてくださいます。


今更聞けないって所も、遠慮なし(笑)

おかげ様で大変勉強になりました。


展示会に作品を観に行かれる方。

きっと作品を作った職人さんや、担当のスタッフさんが回りに居ると思います。

絶対、遠慮しないで何でも聞いた方がいいですよ。

皆さん親切に教えてくれます。


そして、潤ちゃんの作品。


インスタでも挙げちゃいましたが、こうしてブログでも。

忙しい中で、こうして勉強して作品を完成させるだけでも、これは大変なこと。

本人は自分の事を、まだまだ底辺って言ってますが、

僕には、素晴らしい出来栄えに見えましたよ!




Comments


bottom of page