top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

父の日

今年もやってまいりました。

毎年来ます。

母の日よりは、若干インパクト弱い気がしますが。


今年も親孝行な息子たちが、色々考えて贈り物してくれました。


そんな中。

今日の現場で、久しぶりに仲の良いペンキ屋さんに会いました。

いつ以来だろ?

もう2年ぐらい会ってない気がする・・・


息子さんと2人でやってたはずが、いつの間にかもう1人。

その弟ちゃんまで、一緒にペンキ屋さんになってる(笑)


そのペンキ屋さん。

私と同年代・・ 多分3つ4つ下ぐらいなはず。


親子3人で勢いがある! ウン。


10時や3時の休憩の時、そのペンキ屋さん、色々話します。

そう。若い頃は、そんなんじゃ無かったのに、結構ウンチク語ります。

そして我々にも振ってくる。


「職人として、譲れないトコってありますよね~」

「こだわりって、ありますよね~」

「お客さんの喜ぶ顔が見たいよね~」


我々に話してるふうで、全部息子に語ってる。

それが解るから、こっちも乗ります(笑)

「そうだよね~、職人ってのは~ ・・・・ 」

なんて語ってみる。

親父の気持ちが良く解るから(笑)


でもね。

そんな風にして、一番成長してるのは親父の方な気がしますね(笑)


挨拶も、ちゃんとしなきゃいけない。

言葉使いやマナーも。

何だか以前より、キッチリしてる。

もちろん、いい仕事して、お客さんに喜んでもらって、その姿を

息子たちに見せる。

 

最高だね(笑)


親子でやってる職人さん、よくいますよね。

羨ましいと言えば、そうかも知れない。

自分の全てを伝えてやれたら、それは嬉しい。

自分の人生は、それでやり遂げた充実感があると思う。


でもね~ 子供達にはやりたい事があるなら、それをやってくれて全然いい。


息子とやるっていう、プレッシャーって言うか、責任の重さ・・・と言うか。


結婚した時の責任の重さ。

子供が生まれた時の責任の重さ。

人を採用した時の責任のお重さ。


色々ありますが、息子とやる・・・ってのも、かなり重いよね。

まあ、責任重そうだから一緒にやりたくないって訳じゃないけど。


息子が「親父と一緒にクロス屋やる」って言えば、そりゃきっと嬉しいと思いますよ。そりゃ。

きっと一人で日本酒飲みながら、泣く。ぐらい。

でもね。みんな、それぞれやりたい事があって、選んだ道があります。

親はね。

それを、応援するだけですよ(笑)


因みに、今年の息子たちからの贈り物。



真ん中のは首のマッサージ機らしい。

これから試してみよう(笑)


Comments


bottom of page