top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

卒業生

本日、職業訓練校。 クロスの授業。

このクラスとも、もう直ぐお別れ。

私は残り4回の授業を担当してますが、そろそろ寂しく

なって来てます(笑)


半年間、20数回の授業をして来ましたが、今回もやはり

思い入れはあります。


な~んて感傷に浸っていると・・・

昼休みに私がぼんやりしていると、我々講師の控室にひょっこり

懐かしい顔が現れた!

13期生のK君。

1年半前の卒業生と言う事になりますかね~

今日は雨で現場に入れなくて、お休みになったので遊びに来た・・・とか。


嬉しいですね~

雨で現場に入れないって? ところで、どんな所に就職したの?


バチバチの床屋さんだそうです。

ベランダに防滑性シートを貼る予定だったとか。

確かに今日の雨では仕事にならない。

で、ここまで遊びに来てくれるなんて。

我々からしたらチョー嬉しいですよ!


在校中はクロスも上手かったし、確かに床も上手かったんでしょう。

床の授業は見てないので、よく解らんけど(笑)

卒業生で床の道に進む人って、結構珍しい。

やっぱりクロス屋になる人が多いのでね。


床の五十嵐先生も、きっと喜びます。

午後の授業を1時間程見学して、現役の生徒にもアドバイスなんかしてくれて。

現場で1年半奮闘してきた、ホカホカの直系の先輩です。

リアルな現場の話が聞けた事でしょう。

丁度これから就活が佳境に入るこの時期に、何ともタイムリーなお客様でした。


このブログを見ている卒業生諸君。

たまには会いに来てくれよ!

最新記事

すべて表示

壁装検定試験 指導法研究会

ここ数年恒例。 東京内装仕上技能士会では、検定試験に向けての練習会用に 指導方法を徹底する為の研究会を行っています。 検定試験練習会で講師を務めるのは、技能士会の会員で、既に 1級技能士の資格を取得している者ばかり。 皆、この試験に合格した、受験を経験した技能士です。 ですが、これを講師として指導するとなると、なかなか難しい。 その人によって、作業方法や手順がみんな違う。 それぞれが、自分なりのや

16期生最後の授業

さて、夢のような3日間を過ごして帰京します。 翌日から待っているのは、訓練校の仕事。 ここから3日連チャンで壁装の授業を行います。 この3日をもって、私の16期生の授業は終了。 学校自体は、まだまだ3月一杯講義があります。 壁装だって、まだ数回ある。 ただ私の担当する授業が、ここまで。 なので、「卒業おめでとう」って書くには、まだ早い(笑) やっぱり最後と思うと、感慨深いものがありますよ。 なにし

Comments


bottom of page