top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

高校野球

今年は春も夏も甲子園大会は中止になってしまいました。 

野球に限らず色んな大会が無くなってるんですが、元高校球児としてはやっぱり残念。 


僕らの草野球もいよいよ来週、初戦を迎えますが、とっても楽しみ(笑)

草野球なんて和気あいあいと、身体動かして楽しんでるだけ。 

まずは昔からの友達と顔を合わせて冗談言い合って笑う。 

そして一緒になって身体動かして、気持ちいい汗かいて・・・ 

その次に自分が守って打って活躍して・・・ 

そして最後に、勝ったらもっと楽しいな~  ってな具合。


それが、高校時代、野球部時代はね・・・

「この一球に命を懸ける!」

「この打球、死んでも捕る!」

「腕がちぎれても投げ抜く!」

っていう超熱血!


これは絶対に私だけじゃないんですよ。 

昔も今も、根っから冷めた奴っていたかも知れないけど、

大概の高校球児は、この熱血だと思うんです。


高校野球を引退し、学校卒業しても色んな形で野球を続けてる人います。 

僕らも高校卒業して、直ぐに草野球始めたし。

でもね。あんなに命懸けで必死に野球する事なんて、

あの、青春のど真ん中の、あの熱い時代だけだと思うんですよ。


野球に限らずですが、みんな取り上げられたら・・・ そりゃ、喪失感ですね。

甲子園で優勝しない限り、どこかで負けて、涙流して自分の高校野球の幕を引く。 

そうやって自分の高校野球にケジメつけて、次の面白い事を探しに行く。

きっと、みんな、ケジメが着かずにいたんじゃないだろうか。


今、高校球児を救済する為に代替え大会の準備が進んでます。 いい事です。 

何とか今まで頑張ってきた証しを残してあげたい。


死に物狂いで頑張った経験が、将来どれ程役に立つか。

今、現場で命懸けってのも無いですけど、あの熱血は忘れずにいたいもんです。


因みに今でも結構、ハート熱いですよ。私。







コメント


bottom of page