top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

糊 問題

騒いでますね~

ウオールボンドさんが出荷停止状態です。

色んな情報が錯綜してるようですが、デリケートな

問題もあるようだしね。


まずは糊に含まれてる硝酸が無い。

国内最大の、硝酸作ってる工場に問題が発生してるようで。


糊の作り方、知ってます?

小麦でんぷんに熱を加えて、かき回してるとでんぷん糊が

出来上がります。

これが温糊法と言われる純度の高い糊。

表具なんかに使われます。

でも、この製造方法だと大量生産が出来なくて、品質も

一定しない。

だから温糊法で作る糊は全体の1割程度。

残りの9割。ほぼ全てが、冷糊法と言われる方法で作ります。


これは熱を加える代わりに、薬品を入れる。

強アルカリ。

これを入れると、手が荒れたり直ぐに変色したり・・と、悪さします。

そこで、これを中和する為に使われるのが「硝酸」。


硝酸の代わりになる物は? と、言うと。

硫酸だそうです。

ただ、これも問題あり・・で。

やはり品質が安定しなくて、長持ちしないとか。

しかも、硝酸で製造するように設備が整ってるので、これが変更されると

なると、設備・機械等、全て作り直さなきゃならないらしい。


硝酸を作ってる工場が復旧するのを、待つしかなさそうですね。

もっとも、硝酸が入ってない糊もあるらしいですが、ホントに

硫酸入ってるのかな?


今回、出荷停止の情報がギリギリまで入って来なかったけど、

情報流出には余程気を使ったんでしょうね。

大企業が買い占めしたり、不公平があったらメーカーとして

信用ガタ落ちですしね。


7月半ばには復旧して、7月末には正常運転に戻るとか。


まあ、これからロシアとかウクライナとか。

小麦が入らないとか何とかで、また糊が作れないとか、そうならないまでも

価格が高騰するとか・・・ってのは想像出来ますね。


これまで、殆ど全ての材料が値上がりしてますが、まだまだこの流れは

続きそうですね。



Comments


bottom of page