top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

時間調整

職業訓練校。

約1ヶ月振りかな。

久し振りで、ちょっと緊張した(笑)


この日はパテの実習だったので、乾き待ちの時間が必ず出来る。

毎度、その時間を使って撹拌機使って糊を研ぐ練習したり、

糊付け機の説明したり。


パテも下パテ、中パテ、仕上げパテ・・・と、3回掛けるとなると

時間繋ぎのネタも無くなる。


そんな時は、いつも現場で使ってる自分のパテ道具を見せて解説するとか

いつも使ってるパテの話しするとか。

やっぱり実際プロが使ってる道具となると、これは意外と興味を引くよね。


授業で使うパテベラは3種類。

僕らは何種類持ってる?

10枚ぐらいはあるな。

それぞれ用途に合わせて使い分けてるけど、これを見るだけでも楽しいと思うよ。

僕らが他のクロス屋さんの道具、見せてもらったら楽しいし、これから

プロを目指す人には絶対面白いと思う。


たまに、こんな風に時間調整的な事が必要になる。

今度は腰袋を見せてもいいし。

腰袋はもっと面白いよ、きっと(笑)


それから我々プロの仕事の話。

生ナマしいやつ(笑)

現場の話、業界の話。


授業のカリキュラムに入らないような、現実的なリアルなお話も、

時間があったらしてみましょうね。

失敗談とか武勇伝とか。


授業より、案外そっちの方が面白かったりしてね(笑)

最新記事

すべて表示

壁装検定試験 指導法研究会

ここ数年恒例。 東京内装仕上技能士会では、検定試験に向けての練習会用に 指導方法を徹底する為の研究会を行っています。 検定試験練習会で講師を務めるのは、技能士会の会員で、既に 1級技能士の資格を取得している者ばかり。 皆、この試験に合格した、受験を経験した技能士です。 ですが、これを講師として指導するとなると、なかなか難しい。 その人によって、作業方法や手順がみんな違う。 それぞれが、自分なりのや

16期生最後の授業

さて、夢のような3日間を過ごして帰京します。 翌日から待っているのは、訓練校の仕事。 ここから3日連チャンで壁装の授業を行います。 この3日をもって、私の16期生の授業は終了。 学校自体は、まだまだ3月一杯講義があります。 壁装だって、まだ数回ある。 ただ私の担当する授業が、ここまで。 なので、「卒業おめでとう」って書くには、まだ早い(笑) やっぱり最後と思うと、感慨深いものがありますよ。 なにし

Comentários


bottom of page