top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

壁紙選び

壁紙を張り替えるのに、壁紙選びは重要ですね。


お客さんの趣味趣向もあるし、色や柄の好みもある。

でも、明らかに、これは無いよな~って思う事もあります。


始めてクロスの張替えを経験される方で、全室思いっきりの柄物を選ぶ方がいます。

それも全てバラバラで同じ物なし。

好みと言えばそれまでですが、全体にまとまりがなく統一感もない。

騒がしい感じに仕上がってしまいます。


柄物を張るのは我々クロス屋としては楽しいのですが、

ホントにこれで良かったのか・・・

少しはアドバイスしてあげたかったかな・・・って思う時もあります。


もっとも、我々が考えるフツーや常識なんて、つまらないもので、

お客さんの個性こそ一番大事なんでしょう。 

お客さんが満足してくれたら、それが一番いい。


たまに、「毎日壁紙張ってるプロの方の意見を聞かせて」って言うお客さんがいます。

我々の感覚だと、つい無難に明るめの無地を勧めてしまいます。


カーテン付けたり家具を置いたりすれば、それがアクセントになりますよ。

壁紙は、その邪魔をしないようにおとなしめが良いのでは?・・・ってな具合に。


でも、それじゃホントはつまらないですよね。



壁紙の見本帳は

何種類も何冊もあって、

柄や素材、質感から何から

色んな物を自由に選べます。


折角、壁紙張るなら、とことん迷ってじっくり選んで欲しいです。







中には、全くの素人さんなのに

ビックリするぐらいセンスの良い方もいます。


こんな色使いじゃ部屋が暗くなるし、狭く感じる・・・とか、

この柄にこのアクセントじゃ

違和感しかない・・・とか。


お客さんに、これに決めました。職人さんから見て、どう思いますか? って聞かれて、思わず

「今までに見たこと無いパターンですね。斬新!」

って言うしかなかった事があります。


でも、それが仕上がったら、凄く奇麗だった!!




木柄と石の柄の調和とか、

真逆の色の組み合わせとか。


私の感覚じゃ及ばない、素晴らしいセンス!


だから、フツーじゃないからって

一概に言えないんです。






カーテン付けて、家具を置いたら、強烈に壁紙が生きてくるケースだってある。


我々職人も、もっとデザイン的なセンスを磨く必要があるんだと思いますね。


新しい見本帳が出ると楽しみでもあるし、

また次の現場でも、どんな壁紙が選ばれるのか、

クロス屋にとっては大きな楽しみの一つです。










----------------------------------

クロス・床・襖のご相談は

有限会社ヤマザキ美装まで!

東京都足立区元木南町20-9

----------------------------------


Comments


bottom of page