top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

6月 内装仕上技能士会 理事会

内装仕上技能士会、恒例のオンライン理事会。 


大分慣れて来ましたが、やっぱり直接会って話す方がいい・・

何となく、言いたい事が言葉足らずで、上手く伝え切れない感じ。

今時、そんな事言ってたら、話にならないのかも知れないけどね。

でも、やっぱり、近い距離で目を見ながら話す方が性に合ってる(笑)

今回は今月20日に、理事だけでの総会があるので、その為の連絡。


そして、職業能力開発協会から沢山の依頼が来てます。

小中学校を対象にした「ものづくり体験授業」。

技能士会の会員が学校まで行って、ミニランプシェード作りの指導をします。


クロスを張るのを教える訳じゃないので、そこまでガッツリ踏み込んだ

感じじゃないけど、子供達に「ものづくり」に興味を持ってもらおう・・って事ですね。

これは、地道な活動で、もう何年も続いてます。

昨年はコロナ禍で、全て中止となったけど、今年はようやく動き出しましたね。

11月までで6回組まれてるので、人員の整理が必要。

材料の手配や準備も意外と大変。


そして技能五輪も、どうやら実施されるみたい。

これはグランプリとは違って24歳以下の大会。

しかも壁装と床仕上げは、まだ種目にもなってない。

今後、新たに五輪種目に入る為に、今回はデモンストレーション的な事をする予定。

内容は詳しくは知りませんが、これからの若者の励みになるように、

全力で協力していきます。


ベトナムへの講師派遣の件もありますが、これはコロナの影響で進展無しの気配。

今一、情報伝わって来ません。


20日は理事だけでの総会。

昨年、完全に中止になったので2年振り。

本来なら会員全員、そして賛助会員さんにも声掛けして盛大に行うはずですが、

これも今は致し方無し。

今回は役員改選と言う事で、何か動きがあるかも知れません。


因みに現在の私の役職は、常任理事で壁装部会長を兼任するという事になってます。

壁装部会長も、随分長い事やってますが、今までそんなに大した事出来てません。

若くて生きのいい、元気いっぱいの人に引き継ぎしたいと思いますが、私的には

もう少し活動して、いい流れを作ってから・・と思ってます。

やっぱり職人の集まりなので、もっともっと知識と技術を深めていく活動を

推進していきたい。


検定試験まで約1ヶ月。 東京でのトライアルも13日に行われ、

いよいよ本番モードが高まって来ました。

技能士会としての練習会は、もうありませんが、

キャリアアップ講習やオーダーメイド講習等で協力して行きます。

その為の人員整備や準備も進めて行きます。


これから、その他のオリンピック関連のイベントも色々出て来るので、会員みんなで協力して

乗り切りたいと思います。


業界全体の動きが活発になるとイイなぁ!

Comentarios


bottom of page