top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

2022年を振り返る

今更ですが、2022年を振り返ってみました。

暮れからずっと慌ただしくて、そんな余裕も無かったので。


ベスト10みたいに、順位は付けられないので、思うままに

書き出してみると。


現場としては、やはり日本人として最高に名誉ある、あの工事に

参加させてもらったのが最大の思い出。

大変だったけど、素晴らしい経験をさせて頂いた。

あとは、久しぶりの出張現場が楽しかった事。

仲間との絆も、多少なりとも深まった気がするしね。


日本内装仕上技能士会連合会(日技連)が新たな船出となり、

専務理事の大任を仰せつかった事。

現在頓挫している、技能五輪参加に向けて、今後どう動いていくべきか。

ここは色々課題があるので、全国の仲間と考えて行きたい所。


職業訓練校の壁装講師としては、担任の先生が代わり、違った視点から

観たり考えたりで、これも楽しかった。

自分としても、講師として成長するチャンスなので、もっと勉強して

スキルアップしたいと思います。


去年は、広島の壁装検定試験のトライアルに講師として呼んで頂いたり、

京都グランプリ・大阪グランプリ等、他地区の人達と交流を深めたり

競技大会を見学して、刺激の多い年でもありました。


11月には「現代の名工」を受章して、また一段階段を上がった気がします。

大勢の方からお祝いの言葉も頂いて、感謝しかありません。

これからも今まで同様、後進の育成と業界を盛り上げる活動をしていきたいですね。


趣味の野球やソフトボールに関しては、やや消化不良。

まあ、仕事やこんな活動してれば、なかなか趣味に時間を使う余裕は無かった。

でも、今年はもっと頑張りますよ。

仕事も趣味も、全部全力で。


こうしてザっと振り返ってみても、色々ありました。

細かく言えば、もっと沢山のドラマがありました。

去年の自分を超えられるように。

今年も自分なりに課題を持って、更に飛躍出来るように頑張ります。

2023年。 いい年になるといいな(笑)

Comments


bottom of page