top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

11期最後の授業

早いもんです。

もう6ヶ月が経ち、最後の授業を終えてきました。

今まで10回、最後の授業を経験してきましたが、何度やっても

最後は寂しいもんです。


ただね。

この日はちょいと様子が違ったんです。

私の方が。


実は前日2回目のワクチン接種をいたしまして。

熱が出る人もいるようですが、私は絶対大丈夫って思ってました。

周りの話を聞いてると、熱が出るのは殆ど若い人ばかり。

まあ、問題ないでしょ・・・って思ってました。

実際、朝まで何ともなかったので普通に学校に来て、

普通に授業始めてました。

そしたら、お昼前ぐらいからかな。

変な感じになってきて。

「やべぇな。ちょっと熱出てきたかも・・・」

でも毎回恒例の最後の授業、最後の挨拶までは頑張ろう。


授業の方は、今までの集大成として生徒各自で課題をこなして行きます。

様子を見ながら、アドバイスしたり間違いを指摘したり。

一人一人、感慨深い感じで見てます。


もう少しで終了。

このクラスとも、これでお別れ。

頭の中で最後の挨拶まとめながら、寂しさが募って来ます。


一応、挨拶しましたが、熱でフラつく頭でまとめたのでイマイチ インパクトなかったな。

コロナ禍で振り回された印象がありますが、授業の内容としては結構充実してたかな・・・

そんな気がします。

感染状況も急激に収まってきて、緊急事態宣言も解除されました。

普通の生活に戻るには、まだまだ時間が掛かるでしょうし、内装業界だって厳しいのは同じ。

就職が決まった人も、まだスタートラインに立っただけ。

これから必死に頑張って、早く新しい環境に慣れてください。

またいつか会えるといいね。


家に帰って熱測ったら、38.1℃あったな。


最新記事

すべて表示

壁装検定試験 指導法研究会

ここ数年恒例。 東京内装仕上技能士会では、検定試験に向けての練習会用に 指導方法を徹底する為の研究会を行っています。 検定試験練習会で講師を務めるのは、技能士会の会員で、既に 1級技能士の資格を取得している者ばかり。 皆、この試験に合格した、受験を経験した技能士です。 ですが、これを講師として指導するとなると、なかなか難しい。 その人によって、作業方法や手順がみんな違う。 それぞれが、自分なりのや

16期生最後の授業

さて、夢のような3日間を過ごして帰京します。 翌日から待っているのは、訓練校の仕事。 ここから3日連チャンで壁装の授業を行います。 この3日をもって、私の16期生の授業は終了。 学校自体は、まだまだ3月一杯講義があります。 壁装だって、まだ数回ある。 ただ私の担当する授業が、ここまで。 なので、「卒業おめでとう」って書くには、まだ早い(笑) やっぱり最後と思うと、感慨深いものがありますよ。 なにし

Comments


bottom of page