top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

飛び入り的座学


1泊2日で帰って来て、やってまいりました訓練校。

2日連続の授業です。

詳しくは書けませんが、ボード貼りからパテへの流れ。

なので木工担当の大工の講師もいます。


上手い事出来た合間に、座学をぶち込みます。

大工の先生、自分の現場のお話し。


知人からの依頼で、うっかり軽く引き受け過ぎた。

遠方なのに経費を考えてなかった・・・

下見が不十分で、思ってたより手間がかかり過ぎた・・・

初めて扱う商品で、勝手が分からずバカっ丁寧にやり過ぎた・・・

在宅現場で思わぬトラブルが・・・

とか。


殆ど自虐ネタで、たっぷり笑いを取れました(笑)

我々クロス屋も失敗談は山ほどあります。

失敗談を集めたら、1冊の本が出来る。

笑えるやつもあれば、泣けるやつも。

大体、経験則から言わせてもらえれば、失敗する人は必ず

同じ失敗を繰り返すんですね。

その人らしい失敗。

いわゆる学習しないってやつ。

忙しかったから集中力が欠けてた・・とか、暇だったので感覚が鈍ってた・・とか。

言い訳も巧みです。


「私、失敗しないので」なんて言ってみたいね。

実技授業中の飛び入り的な座学。

こんな話が結構大事なんですね(笑)

最新記事

すべて表示

壁装検定試験 指導法研究会

ここ数年恒例。 東京内装仕上技能士会では、検定試験に向けての練習会用に 指導方法を徹底する為の研究会を行っています。 検定試験練習会で講師を務めるのは、技能士会の会員で、既に 1級技能士の資格を取得している者ばかり。 皆、この試験に合格した、受験を経験した技能士です。 ですが、これを講師として指導するとなると、なかなか難しい。 その人によって、作業方法や手順がみんな違う。 それぞれが、自分なりのや

16期生最後の授業

さて、夢のような3日間を過ごして帰京します。 翌日から待っているのは、訓練校の仕事。 ここから3日連チャンで壁装の授業を行います。 この3日をもって、私の16期生の授業は終了。 学校自体は、まだまだ3月一杯講義があります。 壁装だって、まだ数回ある。 ただ私の担当する授業が、ここまで。 なので、「卒業おめでとう」って書くには、まだ早い(笑) やっぱり最後と思うと、感慨深いものがありますよ。 なにし

Comments


bottom of page