top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

訓練校14期生 最後の授業

半年に一度、必ずやって来ます。

私にとっては14回目の最後の授業。

全てのクラスに思い入れはありますが、今回のクラスにも

たっぷりあります。

半年間のカリキュラムで、壁装の授業は30回ぐらいかな?

そのうち私は24回受け持ちました。

最後の授業と書きましたが、それは私にとっての事。

実はまだ壁装の授業を2回残してます。

最後の最後を見届けずに、私は離脱する形となります。

これは今までで初めて。

だから余計に寂しい気がする(笑)


たったの24回の授業で思い入れもクソも無い。

生徒からしたら私は、数ある講師のうちの一人にしか過ぎない。


でもね~(笑)

そんなに簡単じゃ~ないよね。

人と人が出会って、別れていく。

すれ違っただけじゃないのでね。


毎度同じように、この日は寂しい気持ちで一杯になりますが、

生徒は学校卒業したらリアルな現実世界が待ってます。

感傷に浸ってる暇はありませんね。

私も現場に追われ、なかなか落ち着いて物思いに耽る時間も

ありませんが、この学校で勉強したことが、これから少しでも

役に立ってくれたらいいな・・と願うばかりです。

最新記事

すべて表示

壁装検定試験 指導法研究会

ここ数年恒例。 東京内装仕上技能士会では、検定試験に向けての練習会用に 指導方法を徹底する為の研究会を行っています。 検定試験練習会で講師を務めるのは、技能士会の会員で、既に 1級技能士の資格を取得している者ばかり。 皆、この試験に合格した、受験を経験した技能士です。 ですが、これを講師として指導するとなると、なかなか難しい。 その人によって、作業方法や手順がみんな違う。 それぞれが、自分なりのや

16期生最後の授業

さて、夢のような3日間を過ごして帰京します。 翌日から待っているのは、訓練校の仕事。 ここから3日連チャンで壁装の授業を行います。 この3日をもって、私の16期生の授業は終了。 学校自体は、まだまだ3月一杯講義があります。 壁装だって、まだ数回ある。 ただ私の担当する授業が、ここまで。 なので、「卒業おめでとう」って書くには、まだ早い(笑) やっぱり最後と思うと、感慨深いものがありますよ。 なにし

Comments


bottom of page