top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

訓練校、久々授業

いや~、1ヶ月振りぐらいですかね。

久し振りの内装施工科・壁装の授業です。


この14期のクラスは、いつもより人数がやや少な目。

入校が決まってから、何らかの理由で突然辞退者が出たり

入校して間もなく体調を崩して、そのまま退校となった人がいたり。

それぞれ理由があるんでしょうから、僕らがどうこう言う事もない。

でも人数が少ないってのは、細かい所まで目が届いて却って

良いかも知れない。

学校としては、一応定員があるので、それだけの準備はしてますけどね。


今日の授業はパテ。

パテ打つ前にボードのチェック。

生徒達が自分で貼ったボードだからね。

綺麗に仕上がってないと、後々クロス張る時に自分が苦労するよっ・・てね。


コーナーの付け方から、シートの上でのパテの練り方とか。


授業の内容は、あまり詳しくは書けませんが、

このクラスも皆、真面目に取り組んでくれてます。


入校してから、早くも2ヶ月が経過。

壁装の授業は、まだほんの数回ですが、これから徐々に増えていきます。

内装施工科は、やっぱりクロスに興味ある人が多いんじゃ~ないですか?


これから本格的に始まりますからね。

みんな、楽しみにしててくださいね(笑)



最新記事

すべて表示

壁装検定試験 指導法研究会

ここ数年恒例。 東京内装仕上技能士会では、検定試験に向けての練習会用に 指導方法を徹底する為の研究会を行っています。 検定試験練習会で講師を務めるのは、技能士会の会員で、既に 1級技能士の資格を取得している者ばかり。 皆、この試験に合格した、受験を経験した技能士です。 ですが、これを講師として指導するとなると、なかなか難しい。 その人によって、作業方法や手順がみんな違う。 それぞれが、自分なりのや

16期生最後の授業

さて、夢のような3日間を過ごして帰京します。 翌日から待っているのは、訓練校の仕事。 ここから3日連チャンで壁装の授業を行います。 この3日をもって、私の16期生の授業は終了。 学校自体は、まだまだ3月一杯講義があります。 壁装だって、まだ数回ある。 ただ私の担当する授業が、ここまで。 なので、「卒業おめでとう」って書くには、まだ早い(笑) やっぱり最後と思うと、感慨深いものがありますよ。 なにし

コメント


bottom of page