top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

職業訓練校13期、最後の授業

私にとって13回目の最後の授業。

さすがに、もう慣れたもんです。

って言いたい所ですが・・・


何回やっても、最後は感傷的になるもんです。


このクラス。

担任のA先生からY先生に代わって、最初のクラス。

訓練校の予算組から変更があって、今までとはかなり

勝手が違ってました。

なので我々講師も戸惑う事も多く、手探りの部分も

多々ありました。


なので、生徒にもいい授業が出来たかな~って不安に

思う事もあります。

いつも一生懸命、授業してきたつもりだし、生徒も一生懸命だった。

だから思うんですね。

もっともっと、いい先生になりたい。ってね。


生徒は当然、そのクラス毎に代わる。

色んな個性に出会います。

そして学校の状況も、いつもそのままとは限らない。

コロナや物価の上昇や、社会情勢とは密接に繋がってる。


そんな全ての変化に動じない。

そんな先生になりたいね。


今日、最後の挨拶の中で、ちょっとだけ触れましたが。

この半年の間で、色んな事を授業でやってきたけど、最後の最後で

言うのは結局は精神論。根性論・・・みたいな。


その仕事が、やりがいがあって、凄く楽しいって思えるようになるまでは、

やっぱりある程度の我慢が必要だし、ある程度の無理も必要でしょう。

そこを乗り越えられるかどうか。

幸いにも、ここは高年齢者校。

みんな色んな経験を積んで、ここに来てる。

乗り越え方も知ってるよね。

なので、そこは心配ない。(と、言い聞かせるよ自分に)


高年齢者校と言えども、私にとってはみんな可愛い教え子です。

これからの新しい生活。


頑張れ!

応援してます。



最新記事

すべて表示

壁装検定試験 指導法研究会

ここ数年恒例。 東京内装仕上技能士会では、検定試験に向けての練習会用に 指導方法を徹底する為の研究会を行っています。 検定試験練習会で講師を務めるのは、技能士会の会員で、既に 1級技能士の資格を取得している者ばかり。 皆、この試験に合格した、受験を経験した技能士です。 ですが、これを講師として指導するとなると、なかなか難しい。 その人によって、作業方法や手順がみんな違う。 それぞれが、自分なりのや

16期生最後の授業

さて、夢のような3日間を過ごして帰京します。 翌日から待っているのは、訓練校の仕事。 ここから3日連チャンで壁装の授業を行います。 この3日をもって、私の16期生の授業は終了。 学校自体は、まだまだ3月一杯講義があります。 壁装だって、まだ数回ある。 ただ私の担当する授業が、ここまで。 なので、「卒業おめでとう」って書くには、まだ早い(笑) やっぱり最後と思うと、感慨深いものがありますよ。 なにし

Comments


bottom of page