top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

職業訓練校11期

5年間通いなれた飯田橋の訓練校を離れ、大久保に

舞台を移します。

私が壁装の講師を務める某職業訓練校 内装施工科、今期で11期となります。


4月から授業が始まり、私が担当する壁装も既に5回目を終えました。

飯田橋の実習室に、ドップリ浸かってしまって、大久保の実習室は、やはり勝手が違う。

未だにしっくり来ない事もありますが、これから徐々に慣れてくるでしょう。


コロナ禍で制限ある所に、緊急事態宣言の延長等で、更に厳しい縛りが・・・


詳しくは書けませんが、授業内容も段々難しくなっていきます。

一回一回の授業が、とても大切になる。


生徒の皆さん。

多分、このブログを見てる人はいないでしょうが(笑)


我々講師も全力で指導します。

皆さんも時間を無駄にせず、精一杯頑張ってください❕

最新記事

すべて表示

壁装検定試験 指導法研究会

ここ数年恒例。 東京内装仕上技能士会では、検定試験に向けての練習会用に 指導方法を徹底する為の研究会を行っています。 検定試験練習会で講師を務めるのは、技能士会の会員で、既に 1級技能士の資格を取得している者ばかり。 皆、この試験に合格した、受験を経験した技能士です。 ですが、これを講師として指導するとなると、なかなか難しい。 その人によって、作業方法や手順がみんな違う。 それぞれが、自分なりのや

16期生最後の授業

さて、夢のような3日間を過ごして帰京します。 翌日から待っているのは、訓練校の仕事。 ここから3日連チャンで壁装の授業を行います。 この3日をもって、私の16期生の授業は終了。 学校自体は、まだまだ3月一杯講義があります。 壁装だって、まだ数回ある。 ただ私の担当する授業が、ここまで。 なので、「卒業おめでとう」って書くには、まだ早い(笑) やっぱり最後と思うと、感慨深いものがありますよ。 なにし

Opmerkingen


bottom of page