top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

職業訓練校 13期

新しいクラスがスタートしました。

と言っても、壁装の授業が始まるのは何と5月6日から。

なので僕らの出番は、まだまだ先。


でも先日、たまたま学校の直ぐ近くに現場があって、現調に行った

ついでにチョット寄ってみました。

新任のY田先生にご挨拶と、ハウスクリーニングの授業を見学に。


そこで軽く打合せ・・・

5月から始まる検定試験練習会(フレキシブル訓練)の事とか・・・

ここで使う材料の数量出し。


それから、実際の授業で使う材料の選定と数量出し。

糊パテや副資材の必要量の確認。

倉庫や準備室の様子もチェック!


前任者のA先生との引き継ぎもあったのでしょうが、細かい事は

これから授業を担当する我々と打ち合わせした方が、そりゃ良いに決まってる。

話しが早い。


なので、チョット挨拶に寄っただけのつもりが、案外長居することに・・・

肝心の生徒さんが目の前にいるのに、一言挨拶するでもなく

何となくよそよそしい感じ(笑)


まあ、最初の授業で自己紹介もさせてもらうし、今日はこんなモンでしょ。

ついでに生徒さんの名簿を見せてもらったので、最初の授業までに

全員の名前ぐらいは憶えていきましょ。

この名簿、守秘義務の観点から持ち出し厳禁。

名前を手帳に書き写しただけなので、顔と名前が一致するわけじゃない。

でもね。

せめて名前ぐらいは憶えて行かなきゃね~


5月の最初の授業が待ち遠しいけど、楽しい授業が出来るように

準備しないとね。




最新記事

すべて表示

壁装検定試験 指導法研究会

ここ数年恒例。 東京内装仕上技能士会では、検定試験に向けての練習会用に 指導方法を徹底する為の研究会を行っています。 検定試験練習会で講師を務めるのは、技能士会の会員で、既に 1級技能士の資格を取得している者ばかり。 皆、この試験に合格した、受験を経験した技能士です。 ですが、これを講師として指導するとなると、なかなか難しい。 その人によって、作業方法や手順がみんな違う。 それぞれが、自分なりのや

16期生最後の授業

さて、夢のような3日間を過ごして帰京します。 翌日から待っているのは、訓練校の仕事。 ここから3日連チャンで壁装の授業を行います。 この3日をもって、私の16期生の授業は終了。 学校自体は、まだまだ3月一杯講義があります。 壁装だって、まだ数回ある。 ただ私の担当する授業が、ここまで。 なので、「卒業おめでとう」って書くには、まだ早い(笑) やっぱり最後と思うと、感慨深いものがありますよ。 なにし

Comments


bottom of page