top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

職業訓練校 14期初授業!

13期生の最後の授業から、1か月以上経ちました。

それぞれのクラスに思い入れはありますが、一クラス終わったら

また次のクラス。

次から次。


そんな風に簡単に割り切れるもんでもない。


1期が半年。

1年で40~50人の人と出会い、また別れがあるんです。

ここは高齢者校なんでね。

みんな色んな経験を経て此処へ来てます。

講師と生徒が深く付き合う事はありません。

規則でそうなってます。

でもね。

授業のちょっとした合間とか休憩時間でも、会話に出てくる事もある。

前職の事とか、自分の経験談とか。

そうするとね。年間40~50人の人の人生に触れる事になるんですよ。


そんな経験、普通にクロス屋やってたら有り得ないですね。

講師業の面白さって、そんな所にもあると思うんです。

何も出来なかった生徒が、少しづつ上達して卒業する頃には

何とかカッコついてる。

そんな様子を見守るのも講師冥利ではありますが、私の場合

やっぱり、色んな出会いが講師業の最大の魅力だと思います。


今回のクラス。

まだ初日なので顔と名前が一致してない。

全て分からない事だらけ。

でも、きっと楽しいクラスになりますよ。

一生懸命教えるので、一生懸命ついて来てくださいね。



最新記事

すべて表示

壁装検定試験 指導法研究会

ここ数年恒例。 東京内装仕上技能士会では、検定試験に向けての練習会用に 指導方法を徹底する為の研究会を行っています。 検定試験練習会で講師を務めるのは、技能士会の会員で、既に 1級技能士の資格を取得している者ばかり。 皆、この試験に合格した、受験を経験した技能士です。 ですが、これを講師として指導するとなると、なかなか難しい。 その人によって、作業方法や手順がみんな違う。 それぞれが、自分なりのや

16期生最後の授業

さて、夢のような3日間を過ごして帰京します。 翌日から待っているのは、訓練校の仕事。 ここから3日連チャンで壁装の授業を行います。 この3日をもって、私の16期生の授業は終了。 学校自体は、まだまだ3月一杯講義があります。 壁装だって、まだ数回ある。 ただ私の担当する授業が、ここまで。 なので、「卒業おめでとう」って書くには、まだ早い(笑) やっぱり最後と思うと、感慨深いものがありますよ。 なにし

Comentários


bottom of page