top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

職業訓練校16期スタート

職業訓練校内装施工科、壁装の授業が始まりました。

すでに今期がスタートして1ヶ月近く経過している。

生徒としても、ボチボチ学校の訓練にも慣れて来た頃・・・

でもあるし、疲れが溜まって来た頃でもあるかな?

何しろ毎週月曜日から金曜日まで、学科と実技が混ざり合って

ビッシリ授業があります。

いきなり別世界からやって来て、このスケジュールだから、そりゃあ

疲れるでしょう。 週末はクタクタだと思いますよ。

でもね。

この内装施工科に入って来た人、きっとこの壁装の授業を一番楽しみに

してたと思うんですよ。 いや、絶対そう。

なので、この日はワクワクしながら登校したと思いますが・・・

今日の授業は、壁装最初とあって、私のたっぷりの自己紹介と

クロスに関するお話や、今後の授業のガイダンス的な内容のお話。

みんなが眠くなって来た頃に、ようやく実技の授業に入ります。

それも、何と最初がパテ。

クロスをペタペタ楽しく貼るイメージでいたら・・・パテ。

生徒にとっては、おそらくクロスを貼る以上に、人生初めてだったでしょう。

数量的には少しだけど、目地部分には3~4回のパテ。ビス頭は2回。

流石に初めてだと、手首・指先・腕・肩等、色々疲れたんじゃないかな。

それでも、みんな結構綺麗にパテ掛けてて、ポテンシャル高そう。

今後が楽しみです。

次回の壁装の授業は、また暫く先になりますが、半年間の学園生活。

たっぷり楽しんで、しっかり勉強して、有意義な時間にしてください。



最新記事

すべて表示

壁装検定試験 指導法研究会

ここ数年恒例。 東京内装仕上技能士会では、検定試験に向けての練習会用に 指導方法を徹底する為の研究会を行っています。 検定試験練習会で講師を務めるのは、技能士会の会員で、既に 1級技能士の資格を取得している者ばかり。 皆、この試験に合格した、受験を経験した技能士です。 ですが、これを講師として指導するとなると、なかなか難しい。 その人によって、作業方法や手順がみんな違う。 それぞれが、自分なりのや

16期生最後の授業

さて、夢のような3日間を過ごして帰京します。 翌日から待っているのは、訓練校の仕事。 ここから3日連チャンで壁装の授業を行います。 この3日をもって、私の16期生の授業は終了。 学校自体は、まだまだ3月一杯講義があります。 壁装だって、まだ数回ある。 ただ私の担当する授業が、ここまで。 なので、「卒業おめでとう」って書くには、まだ早い(笑) やっぱり最後と思うと、感慨深いものがありますよ。 なにし

Comments


bottom of page