top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

神奈川 技能検定試験練習会

                   さてさて。

今回は「神奈川県内装仕上技能士会」の技能検定試験対策講習会に見学に伺いました。


内装仕上技能士会ってのは、

全国あちこちにあって活動してます。

お互い連携し合って、情報も共有するし講習会等のイベントも参加し合ってます。

いわゆる『日本内装仕上技能士会連合会』。 

通称『日技連』。


去年からコロナの影響で、お互い行き来が難しくなり、近隣都県でのお付き合いだけ。

先週は埼玉。

そして今週は神奈川にお邪魔しました。



壁装の技能検定試験の練習会。

A面・B面・C面と。

これを全部、一日で実演・解説して、更に受講生が作業する・・なんてのは実際無理。

埼玉さんの場合は、初日に袋掛けのみ。

私が先週お邪魔したのは、この一回目でした。


神奈川でも同様、講習全3回セットとなってるようです。


1回目 座学

試験内容の解説、道具や持ち物等の注意。 

そして時間に余裕があれば袋掛けの実演・練習。


2回目 実演

講師による実演。

これも解説しながら丁寧にやって見せるので、かなり時間が掛かります。


3回目 実作業

受講生が実際に作業します。 

いわゆるトライアル状態。


1~2回目。2~3回目の間には、それぞれ数日の空き時間がある。

その間、受講生は練習に励む。

つまり、講習会に参加した後、それをじっくり考えて練習する時間を取るわけです。



埼玉でも、そうですが。 これはかなり有効ですね。

試験に対して、じっくり向き合う事が出来る。


やっぱり技能士の資格を取るのだから、

自分で考えて理解する事が大事。

一夜漬けのようなやり方は、よろしくない(笑)


この辺は東京でも、是非真似して行きたい所です。

で、今回私が参加したのは2回目の講師による実演・解説の日と

なりました。


講師役も、実力者をズラリと揃えた豪華版。

実演の風景を見てるだけで、今日見学に来た価値があると言う物。


そして今回、ビックリしたのが。


まずはプロジェクターを駆使してのビデオ撮影。

コロナ禍を考えて、手元を覗き込む時の密を避ける為の工夫ですね。

これは、やはりこういった機械関係に強い人(柳下さん)が居る強みです。


東京からも、これを勉強しようと埒見さんが見学に来てます。

柳下さんとラッチの専門的な会話には、

私は付いて行けなかった(笑)


まあ、この辺の事はラッチに任せるとしましょう。

その他の色んなイベントや講習会に活用出来るので、

その効果は絶大!


常に革新的な神奈川らしく、やはり一歩リードしてる感が強い‼



写真見て解る通り、神奈川では作業台が床上30cm程度の高さ。

東京では通常の机の高さ。

こんなに低くて腰痛くならないのかな?

なんて事を思ってましたが、講師の皆さん。 

難なく作業進めてます。


西の方では作業台も無しで、地べたでやってる・・なんて話を聞いた事がありますが、やはり地域特有の物がありますね。


それもまた面白い。


検定試験の内容は全国共通ですが、作業方法は全く別・・・の部分もある。

近隣県でも、そこは随分違う。


今回は直角の出し方。 そして織物クロスの割り振りの仕方、

考え方。

ビニールクロスの張り方、納め方。

色んな所で違いを感じました。 まあ微妙な所だけど。


と~っても勉強になりました。

だから面白い!


今回、講習会の運営の仕方。会場のセット。受講生の募集。

更に、スタッフの人選から教え方。 

解説の仕方、考え方、話し方まで。

色んな部分を勉強する為に、見学しに来てますが、やはり何と

言っても・・・


この作業の違いが一番興味があったわけで。


東京でも色々取り入れて、研究してみます。

その成果は、また皆さんに見て頂いて共有して行きたいと思います。










Comments


bottom of page