top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

熱い思いの現場 Ⅱ

熱い思いの現場は色々あります

前回のブログに書いた熱い現場は、お客さんの思い入れに感情移入してしまうもの・・・


それとは別に、日本人として思いをはせる現場もあります。


戦争の悲惨さを後世に伝える。

2度と戦争はいけない。


そんな思いを持って入る現場です。


その当時の軍に関連する建物。

歴史的建造物。


今、その工事に携わっていますが、その仕事に誘ってくれた

私が尊敬する大先輩から、その現場に入る直前、熱いメールを頂きました。


「偶然にも、この現場でこの仕事に関わる事になった者として、

戦争と言う負の歴史遺産を後世に伝える義務を果たす。

2度と、戦争を起こしてはいけない!

とてつもない自分勝手な思い込みですが、その決意を持って、

この仕事に挑みます。」


そんな内容でした。

合わせて、太平洋戦争末期の、特攻隊の狂気を描いたテレビ番組のCDも

頂きました。


歴史的な背景を持つ無二の建造物。

ただでさえ、背筋の伸びる思いでいるところに、

そんな思いを受けて、私も、思いっ切り気持ちを高めて参加させて頂きます!


この大先輩の思いには及びませんが、

色んなお話を伺い、CDも見て

「やらなきゃいけない!」って熱く、熱く、熱くなりました!

 

もちろん、いつでも全力で仕事に取り組んでるつもりですが、

今回はハートがとてつもなく熱くなってます。


Comments


bottom of page