top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

無念のリタイア

東京では、プラスチック系床仕上げの検定試験が始まります。

当社の千織も、2級の試験を受けるつもりで頑張ってました。


現場の仕事が早く終われば、会社に戻って練習。

休みの日にも、会社に来て練習。

そんな日々が、ちょっと無理を重ねてしまったようです。




元々腰が痛いって言ってましたが、この仕事、腰が痛いのは

当たり前・・と言うか、みんな騙し騙し腰痛と付き合ってる。

でも彼女の場合、我慢強過ぎるのと責任感と根性の塊なので、

騙し切れなかった。騙し損なった。


先週の日曜日、練習中に腰に激痛が走って、動けなくなっちゃった。

医者に行って、取り敢えず処置してもらい薬を飲んで、療養して

ましたが、先日、これはもう試験所じゃないって結論出しました。


症状は徐々に回復に向かい、そろそろ仕事も復帰出来そう・・

って状態ですが、試験となるとそうも行かない。


緊張感の中で、あの狭い検定台の中、屈んだ姿勢で長い時間作業する

なんて、とても無理。

それに、まだ練習段階で絶対の自信を持って、受験出来る状況でもない。


綺麗に仕上げる事は出来るけど、まだまだ時間が掛かり過ぎてたので、

残り1週間で時間を詰めていく計画でした。

しかし、練習を見ていても、あの仕上がりなら間違いなく合格したと

思います。

彼女も十分手応えを感じていたはず。


今回、ホントに残念な事になりました。

無念のリタイアです。

日頃から、ヤマザキ美装で内装仕上げの仕事に励み、

またくすみ美装としてハウスクリーニングの仕事も頑張ってる。

それこそ休みなく働いてた。

そこに来て、今回の検定試験練習。

やっぱり無理が祟ったんですね。

ずっと忙しかったからな~

ストップを掛けられなかった、私自身も反省してます。


身体の痛さや疲れの程度は、本人しか分からない。

やはりコンディションを整えて、万全の状態で仕事する。

しっかり休んで、心と身体をケアするのも大事な仕事の一部ですね。



Comentários


bottom of page