top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

潤ちゃんと表美展

毎年この時期に開催されます。

千葉県表具経師内装組合連合会主催の「表美展」。


今年も行ってまいりました。


GWの真っただ中。

コロナ解禁で道路は大渋滞でしたが、

この展示会も大盛況。


楽しみにしてる人が沢山いるんですね。


ヤマ美連合の白井潤君。 

潤ちゃんの陣中見舞いとお勉強を兼ねて、毎年お邪魔してます。

約1週間開催されるので、潤ちゃんが当番の日に合わせるのが、難しい。

でも今年はタイミング、バッチリ合いました(笑)


これ、潤ちゃんの作品。

新作と以前作ったのとあります。


そしてこれが、会心の作品だそうです。


3種類の手拭いを裏打ちしての作品ですが、

右側の模様が入った生地。

これを真っすぐにするのが難しいそうです。


なるほど。

言われてみると、そうだろうな~って思う。


潤ちゃんに言わせれば、まだまだダメダメで

とても満足行くようには出来ないそうですが、

本業はクロス屋ですからね。



仕事の合間に勉強して、色々経験積んで・・・

凄いと思います。

これからもっともっと腕を上げていくんでしょう。



今回、潤ちゃんが会場に居たので全作品をゆっくり解説して

頂きました。

私も、何度かこうして見学しに来て、少しづつ理解して

来ましたよ。

面白そうだし、やってみたい気もしますけどね。 



今回展示されてた凄い作品も、いくつか紹介させて頂きましょう。


左の屏風は水に墨を垂らして、いい具合の模様が出来たところで

和紙を漬けて墨を紙にうつす。

上手く言えてますかね? 伝えられてるか?

何しろ作者のセンスが問われる作品。

見事ですね。


真ん中のは、古民家を解体した時の欄間を貰って来て、屏風にはめ込んだとか。

発想が面白いし、これも凄い作品です。


右のは作品として、技術的な事もさることながら、この絵が屏風のサイズに

あまりにも上手くはまってる事が不思議。

屏風用に描かれた絵なのかな?


表具の専門家や、良く知る人にとっては私が驚く所、食いつく所。

また疑問に思う所は、非常に幼稚なものかも知れません。

ナンセンスだったりとか、知らなさ過ぎ・・・とか。


でもね。

なんでも「なぜ?どうして?」から進歩は始まるんですよ~


最後に懐かしい生地を使った屏風を見つけたので。


私が技能グランプリで優勝した時の織物クロス。

この赤と、緑の組み合わせでした。


そうか。

勉強して、グランプリの壁装の課題で屏風作ってみたいな。

思ってはみたけど、これも果てしない夢だな(笑)

Commentaires


bottom of page