top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

柄か無地か・・・

先日現調行った現場。

都内、某マンションの1室。


7帖くらいの和室、1部屋だけの張替え。

このお部屋の主は中学生の女の子。


日曜日の午前中にお邪魔して、現調開始。

採寸してたら、パパ・ママ・弟ちゃんに、当の本人。

中学生くらいの可愛い女の子。

数年前にリフォームしてあって、布クロスが張ってあります。

だけど、下地調整してないみたいで、パテの跡がクッキリ。

折角のお高い材料、素材が生きてない何とも残念な感じ。


で、この日お持ちした見本帳はサンゲツのファイン。

「布クロスがお好みだったのかな? 違う見本帳、持って来た方が

良かったかな~?」 

って、見本帳パラパラ捲ってみせたら・・・

「うわ~! 可愛い~っ」

って目が💛マーク(笑)

「見せて見せてっ!」

って私から見本帳、奪い取るようにして持って行きました。


さて、どんなクロスを選ぶのか?

多感な中学生の女の子。 きっと奇麗な花柄か?

ちょっと大人ぶってお洒落な感じにまとめてみるとか?

採寸しながら、思わず微笑んでしまいます(笑)

梁が三方にあって段差もありあり。

コテコテの柄物で来たら、ああしよこうしよ。

なんて思いを巡らしながら寸法採ります。


採寸終わって、家族揃ってリビングで見本帳見てた所に、お声掛け。

「採寸終わりました~。 クロス、直ぐに決めなくていいよ。

ゆっくり考えて、いっぱい悩んでね~」

で、帰ろうとしたら。


お母さんが、「プロの職人さんから、アドバイスしてくださいっ」

クロス屋さんが現調行くと、日常良くある光景です。


「まずは好きな色とか柄とか? 何かお部屋のイメージある?」

中学生の女の子に優しく語りかけます。

暖色寒色。大柄に細かい柄。石目調から織物調・・・ キャラクター物までなんでもあり。

散々悩ませておいて、最後にポロっと


「でもね。壁紙全部張ったらなかなか張り替える事はできないから。

部屋全体は明るい無地にしておいて、カーテンや家具とかでアクセントにするケースも

あるよ。何か物を置いたら、それでお洒落に見せるとか。」

な~んて事を、優しく丁寧にお話します。


で、結局出来上がったのが・・・


これ。

真っ白な天井と壁。

物入れの扉だけ、黄色の花柄。


もっとド派手にメルヘンチックに行くかと思ってたら、

チョイと拍子抜け(笑)

最後のポロっと一言が、余計だったかな?


まあ、よくよく考えて決めたんだろうし、

本人が喜んでくれればそれで良し!!


奇麗に仕上がって、

何年か経っても、これなら落ち着いてて良いかな。


実際、柄物を勧めるのは凄く難しいし、選ぶのも難しい。

見本帳を捲った時に、まず最初に気になったクロスが一番なんでしょう!


でも・・・

何だか女の子の夢を壊しちゃったかな?

無難にまとめてしまったかな?

もう少し何か言いようがあったかな?

とか・・・なんか微妙に、モヤモヤ・・・。

世の中のクロス屋さん、わかるでしょ?


クロス選びから関わったしたこの部屋。

つい思い入れが強くなりますが、仕上がった部屋を見て、

お客さんが「すごーい!」「気持ちいい!」「張り替えてよかった!」

って喜んでくれたので、嬉しくなりました。







Comments


bottom of page