top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

東京内装仕上技能士会 4月理事会

今月の定例理事会、議題は山盛り。

目玉となるのは・・・

全部ですね。

この日の理事会は重要案件ばかり。



まずは5月24日の総会において、役員改選があります。

その叩き台として、会長副会長がリモート会議を開いて、

事前に名簿を作り上げてます。

新理事一人一人に確認して、本人からの了承を得るのと

同時に、理事としての責任と、立場の重要性を認識して

もらってます。


これまで長きに渡り、会長職を務められた飯島会長が退任するわけで、

それを引き継ぐ我々は、かなりの覚悟が必要と思ってます。



それから総会について。 役割分担等。


日技連の総会の事もあります。

全国から、各単組の会長や代表者が、東京に集まって来るわけで東京メンバーが準備を整えるのは当然。

この段取りもしないといけない。


この役員改選や、担当の引継ぎ等に伴い、色々と定款の見直しも行って来ました。

それを総会で発表して、正式な形にします。


化粧シートの検定試験に関する事や、毎年行っている建築系専門学校での講習会の事。

今後の理事会の会場の事や、細かい事も沢山。



その他、外部に出せない内緒の話も色々あって、この日は時間を目一杯使っての充実した理事会になりました。


これから、色んな事があると思いますが、頼りになる

仲間達がいます。

希望を持って、みんなで未来を切り開いて行きたいと思います。


Comentários


bottom of page