top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

東京内装仕上技能士会

更新日:2020年6月1日

技能士会とは、

職人の技術・知識の向上、スキルアップ。 

そして職人の地位向上・賃金アップ・人材育成を目的とした内装職人の会。 


私はざっと、そんな風に認識してますが、頑固な昔気質の職人が集い協力し合い、

勉強を続けながら進化していったのが技能士だと思ってます。 


私が東京内装仕上技能士会に入会したのが平成17年。 

一級技能士を取得した時です。 


クロス職人になるには、法的に必要な資格は有りませんが、

一級技能士はクロス屋として仕事する以上絶対必要な資格だと思います。 


これを持っていれば必ずしも上手い職人と保証される訳ではないけれど、

少なくともプロとして最低限の技術と知識、そして向上心を持っていると言えます。 


言わば、クロス屋としての身分証明書、営業許可証みたいなものかな。


東京内装仕上技能士会は一級技能士でないと入会出来ません。 

または、この資格を目指す人、二級技能士の人を準会員としています。 


東京内装仕上技能士会

以前は、技能士資格を持たない職人も多かったのですが、徐々に知名度も上がり、

年々会員を増やしています。


ですが、もっともっと仲間を増やして活動の輪を広げて行きたい。




色んな職人さんの現場の話、武勇伝、自慢話でもなんでもいい、皆の話を是非聞きたい!

仕事の事や経営の事、色んな事を相談出来る仲間が欲しい! 

そして、もっと上手くなりたい、いい職人になりたい!

と思ってるクロス屋さん。

東京内装仕上技能士会

技能士会には、勉強会、講習会もあります。 

是非入会してください。 

仲間になりましょう!

Komentáře


bottom of page