top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

日本内装仕上技能士会連合会 理事会

全国の内装仕上技能士会。

そのうち9都府県が集まって、結成されているのが

この「日本内装仕上技能士会連合会」。

略して「日技連」、あるいは「連合会」などと言ってます。


東京・神奈川・埼玉・群馬・大阪・京都・石川・中国(広島・岡山・島根・四国・・・近隣地区)

・福岡

更に仲間を増やしていきたい。


これまで、この連合会を運営してきた理事全てが交代し、新たに

選出された理事でスタートしたのが今年5月の総会から。

いや、全て交代じゃない。飯島会長だけは留任(笑)

他に、飯島会長の代わりが務まる人がいないから(笑)


技能士会の存在意義は、

職人個々の「技術力アップ、知識の向上」、「賃金アップ、職人の地位向上、人材育成」

そして業界の発展に尽力し、社会貢献・・・等々。


その理念を念頭に置いて・・・

昨日は定例の理事会が開催されました。

と言っても全国から集まるのは大変なので、リモート会議です。


今回、色々議題がありましたが、何といっても重大なものは

「技能五輪」に向けて。

昨年末に、正式種目として承認されるように、あれだけ頑張ったデモ競技大会。

今年からの正式参加を目指してましたが、結局、国の予算不足、お金が無いって

事で新職種の認定はされませんでした。

これは、来年開催予定だった「技能グランプリ」の1年延期にも象徴されてます。

こういった「技能」の分野にも影響が出てます。

だけど、それがまた、ようやく動き出したようです。


来年参加を目指しての動きが、活発化しそうです。

まだまだ具体的に話せる感じじゃないけど、水面下では進んでます。

これから色んな意味で、大変な事になると思いますが、我々もそれなりの

覚悟を持って臨みます。


もっと話が進んできたら、話せる範囲で、ここで報告したいと思います。

Comments


bottom of page