top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

技能グランプリ 新規課題

技能グランプリの壁装職種の課題が、大きく変わりました。

これまで材料の変更はあっても、これ程内容が変わる事はなかった。

画期的な事です。

何故なら、今までの良かった点難しかった点を消して、難しさの

焦点が全く違う所に移った。

言ってみれば、より本来のクロス屋の作業に近くなった・・・気がする(笑)


今までは、壁装職種と言いながら、表具の要素が非常に大きかった。

そもそもの検定試験自体が、表具寄りだった。

それも、壁装のルーツを探れば表具に行きつく・・・みたいな観点から

納得出来ていた。 

検定試験も技能グランプリも、とても良く考え尽くされた課題だと

思っていましたが、それが大きく覆った気がします。


・・・と、非常に批判的に聞こえる意見を述べさせて頂きましたが、良い点もあるのでしょう。

本来のクロス屋の作業の難しい点を、追求した感じはしますね。


今回、材料の発表があって、私も直ぐに手配しました。

一度自分でもやってみたくて。

材料の変更や仕様の変更にはビックリしましたが、取り敢えずやってみよう。


私と2人の仲間、3人でやってみました。

あ~でもない、こ~でもない。 色々意見を出し合いながら。



まず紙の質感が全く違う。

いくらいじくり回しても大丈夫。

今までの上新鳥の子とは全く違う。

ホント。ビニールクロスみたい(笑)


柄合わせが難しいけど、きっと何度か練習すれば

皆、難無くこなしてくるでしょう。


この写真、色々試しながらやったので、かなり

柄も狂ってます。

紙の伸び率や、オープンタイムなんかも影響します。


それでも、そこそこ合わせられます。


織物壁紙は前回のと色違い。

赤が入って、より華やかな感じで見栄えは良くなったかな。

これはいつも通り、配布された材料の寸法によって当たり外れが大きいでしょう。

外れたとしても、それを物ともしない凄いやり方もあるようですが(笑)


化粧シート面は、全体的に横ジョイントが入って難しくなりました。

プライマーの塗り方があまりにも少なくて、溝中で切ってしまい、

これは大失敗。

取り敢えず完成形を観たかったので、これはこれで仕方なし。

でも、3Mからリアテックに代わり、その質感の変化は大きいです。

材料の特性をよく見極めたい所ですね。


ビニールクロスはニップからリリカラへ変更。

これは却って張り易くなって、ラッキー!


色々変化がある中で、やはり作業時間が今まで以上にかかる・・・

と言う事で、競技時間も従来より20分長くなり、全部で4時間50分・・・ですか。

これは集中力の持続が大変。

途中でトイレに行きたくなる人もいるんじゃないの?


何にしても、この材料の代わり目や仕様変更・ルール変更の時ってのは、出場選手に

とっては絶好のチャンス。

今までとは全く違う、新しい展開が見られるかも知れませんね。

本番まで、僅かな時間。

仕事も忙しくなると思いますが、時間を無駄にせず精一杯頑張って欲しいと思います。

Comentários


bottom of page