top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

技能グランプリ自主練

先日久々に、カレンダー通りに連休しまして。

膝が痛いから派手な遊びは控えて、さあどうやって

過ごそうか?

ってふと思い立ったのが、技能グランプリの課題ですね。

「技能グランプリ実技作業実演会」での高橋さんの実演に

大いに刺激を受けました。

あの時見せて頂いた技を、実際に試してみたい・・・

その前に、自分のやり方その物を思い出さないといけない。

な~んて事で、ホントに緩~い感じで始めてみました。


実演会を見た後で、今まさに練習をしている

人もいるでしょう。


私は出場する訳じゃないけど、やってみる。

勉強の為ね。


まずは喰い裂き出しての袋張り。

7段。


検定試験では6段だけど、グランプリで使う代用石州は少しサイズが小さいので

6段じゃ足りない。

袋の掛け方は、私が実際にグランプリでやった方法とは全く違うけど、ここは

オーソドックスにフツーにやってみた。



鳥の子の小面張ってみたけど、入り隅の返しを1mmにして

みた。

検定試験だと10mm返すけど、実際の現場なら出来るだけ返しは

少ない方がいい。 なので1mm。


綺麗に仕上がる筈だったんですがね~







作業場のスペースが、やや狭くて台を動かしながらやってたり、ちょっと面倒臭くなってきて、本来ならもう少し時間

掛ける所をすぐにやっちまったり・・・


色々雑な面がありまして・・・







こうして離れて見れば分からんけど。



近くで見ると




ほら。

入隅の下の方がすいてる。

いわゆる抜けるってゆう現象ですね。



それから布クロス。

真ん中のラインで、柄を合わせ切れなかった。


これも、通常のクロスを伸ばす為の時間を、きっちり取らなかったから。

白と黒では材料の寸法が違うけど、これを引っ張って無理やり伸ばしながら柄を合わせます。


離れて見れば、これもそれ程分からないかな。








ビニールクロスは、まあ問題無いと思いますが、

化粧シートはね(笑)

プライマー塗らないでやったら、ホントくっつかないね。


そんなの分かっててやってますが、これ程とは。



でも、何年振りかで、思い付きでヒョコっとやっても、

そこそこカッコ付いてるでしょ(笑)

自分でも、ちょっと驚き。


やっぱりね。

あの時、散々練習して身に付けた物は伊達じゃないんですよ。


今練習中の皆さん。

プロだからね。やっぱり結果が一番大事。

でもね。「努力は成功の為じゃなく、成長の為」 なんて言葉ありましたよね。

大会の後、自身の成長を実感出来ると思いますよ。


僕も、もう一回やってみようかな。

成長の為に(笑)


Commentaires


bottom of page