top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

壁装検定試験 指導法研究会

ここ数年恒例。

東京内装仕上技能士会では、検定試験に向けての練習会用に

指導方法を徹底する為の研究会を行っています。

検定試験練習会で講師を務めるのは、技能士会の会員で、既に

1級技能士の資格を取得している者ばかり。

皆、この試験に合格した、受験を経験した技能士です。

ですが、これを講師として指導するとなると、なかなか難しい。

その人によって、作業方法や手順がみんな違う。

それぞれが、自分なりのやり方を教えると、教わる方は戸惑います。

なので、技能士会としては指導方法を一本化して、全員が

同じように教えられるように。

また、どう説明するれば分かりやすいか。

口出ししたり、手を出すタイミングも大事だと思うので、その辺も

研究してみたい。

基本的に講師の為の研究会ですが、今回は何と、受験される方も

見学可にしました。

我々が指導する上で、何を考えているか。

試行錯誤して、苦しんでる姿を見て頂こう・・と言う事です。

全ての作業を見れば、それは大いに参考になるはずです。

初めて受験される方には、これ程勉強になる物はないと思います。

技能士会のホームページでは、一般公開を告知してますが、人数は無制限って

訳でもないので、基本的には技能士会準会員が優先。

次に技能士会会員の紹介とか、知り合いとかになります。

なのでこの時期、入会の申込みが増えます(笑)

今回は、私も実演出来れば良いかな~なんて思ってますが、壁装部会長の塚原君が

やらせてくれるかどうか? ですね(笑)

このブログを見て、興味持たれた方は、東京内装仕上技能士会HPにお問合せ下さい。

東京内装仕上技能士会、会員募集中!

Comments


bottom of page