top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

壁装検定試験 今年もやってみた

東京都の壁装検定試験、今年も7月半ばか下旬辺りでしょうか。

GWが明けた頃から、色んな試験対策の練習会が行われるでしょう。

東京内装仕上技能士会でも、その練習会に向けて、まずは講師となる

技能士会会員を対象に、指導法研究会を実施します。


講師がみんな、それぞれバラバラな教え方してたら、受講生は混乱するだけ

なのでね。 指導する側も、しっかり勉強しましょう・・と言う事です。


で、私としても毎年やってる事ではありますが、もう一度確認の為に

壁装1級の課題をやってみました。


まずは袋を掛ける所から。


千織さんが練習してた、検定台。

剥すの面倒だから、上から被せて張ってみた。

回りに雲華紙の緑色が、しっかり見えてますね(笑)


ここでも、うっかりミスがありました。

まあ、久し振りなんで確認しながらでいいんです。


袋もね。やり方としては色々ありますが、受験生が

何度も練習するには、あまり高価な材料は使えませんね。

なので、安い茶チリで棒切りでやってみます。





ABCの3面仕上げてみました。

数年前の検定試験材料なので、これは今年のじゃありません。

お間違いないように。


で、一発不合格になるような、大きな寸法ミスがあります。

こうして写真で見ると、判りにくいかな。


毎年恒例の「検定課題をやってみる」・・・ですが、やはり1年近くやってないと

細かい注意点を忘れてる部分も結構あります。

これから更に現場も忙しくなるので、もう練習する時間はありませんが、20日の研究会は

みんなで考えながら進める物なので、心配いらないでしょう。


検定試験をきっかけに、会員が増えてくれると嬉しいですね。


東京内装仕上技能士会、会員募集中!

Comments


bottom of page