top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

壁装技能検定試験 指導法研究会

今年もやりました。

検定試験の練習会に向けて、我々講師を務める側の研究会です。



技能士会は、基本的に一級技能士の会です。

二級取得者や、技能士を目指して勉強してる人を準会員としてます。

我々は、もっともっと仲間を増やしたい。友達を沢山作りたい・・・

と思ってる。

その為に、検定試験練習会をやるんです。


練習会にあたって、まずは講師が全員同じ方向を向いて

いなけりゃ絶対ダメ!

講師が其々違った教え方をしたら、教わる側が混乱する。

教わる側の、現在地も重要です。


どの程度出来て、何が出来ないのか?

そこを見極めて、適格な指導をしたいと思います。


毎回、少しのルール変更があったり。

公式のトライアルに行っても、担当講師によっては

言う事が違うとか。

色々問題点もあるし、改善すべき所はあるでしょう。


でも、我々の立場からすれば、与えられた条件の中で

柔軟に対応していくしか無いと思うのでね。


まだまだ声を上げて届く立場でないので。

現状で精いっぱい、頑張ります。


今日は我々技能士会の壁装部会、講師としての勉強会。

次はいよいよ受験生を対象に、ホントの検定試験練習会を行います。

私が壁装部会長として、みんなを引っ張るのは、それで最後。

後は若手の活躍に委ねます。


私にとって、ある意味最後の練習会。

最後まで一生懸命やってみせますよ(笑)



Comments


bottom of page