top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

和紙張りのお部屋

先日、千織がお兄さんと一緒に灰汁洗いしてくれた和室。

いよいよ壁に和紙を貼って、襖・障子を収めて完成となります。


数量は少ないですが、やはりいつも貼ってるビニールクロスとは

神経の使い方が違う。


一応ジョイント部分は重ねっ放し。

右上前が基本ですね。








当て紙しながらローラー掛けます。

技能士の検定試験のようです。


検定試験で袋を掛けたり、和紙を貼ったりってのは

こうした昔ながらの手法を継承していく意味合いも

ありますね。

技能士の資格を取って、何かメリットありますか? って聞かれた事ありますけど、

こうした施工方法なんかにも通じる物がありますからね。

資格を取る為に勉強した事が、こうして役立つ事もありますね。















写真じゃなかなか伝わらないかも知れませんが、かなり良い感じ(笑)

和紙の風合いが凄く良い。


こうした仕事を頂いて、感謝ですね。


実はこのお宅、和紙張りの部屋が他にもいくつか

あります。

またいつか貼替する時が来るでしょう。


その時は、また是非(笑)

ヤマザキ美装をよろしくお願い致します。



Comments


bottom of page