top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

剥し屋さん

先日入った某会社の食堂床、長尺シート貼替工事の現場。


金曜日のお昼に食堂使って、その後、午後1時からテーブルや

椅子、その他の荷物を廊下に出して。


既存の長尺シートを剥がして、下地補修。


翌日土曜日に、仕上げの長尺シート貼り。

その後、荷物の復旧。


一応、こんな段取り組みました。



この場合、まずは既存のシートがすんなり剥がれてくれるかどうか。

剥しに関しては、半日しか予定見てないので、手こずるようだと困る。

ここは当然、プロの剥がし屋さんを手配します。


我々が剥がしをするには、道具や機械がショボ過ぎる。

やっぱりペッカー(床材剥がし用の機械)無いと話にならない。

それに、これはかなりの重労働。

もし手こずって、時間も掛かり過ぎれば、体力の消耗も激しい。

仕上げの長尺シート貼りは翌日ですが、全身筋肉痛で辛いのは明白。


なので、今回は、剥がし屋さんにお願いします。



さすがです。

ペッカー使うのと、手作業と。

みるみるうちに剥がしも進む。

実に手際が良い!


そして、やっぱり身体もゴツイね。

体力ある、馬力あるわ。


剥し終わったら今度は下地調整。


まずは、劣化した悪い所をモルタルで補修。


それから全面に薄塗り。

これ、左官屋さんだよね。

いや、実に奇麗。お見事!


体力、馬力の他に、左官屋さんのスキルも持ち合わせてないと

良い剥がし屋さんにはなれないんですね~

いや、ビックリしたし感心しました。


こ~んなに奇麗な下地を作ってもらったら、そりゃ仕上げも

絶対奇麗に仕上がるよね~



翌日の長尺シート貼りにも力が入ります(笑)

Comments


bottom of page