top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

リフォーム工事への思い入れ

先日の日曜日、ちょっとしたお茶会。 


4月にリフォーム工事をしたお客さんが、その時携わった職人さんに

出来上がりをお披露目したいと仰ってくれました。


新築でまるまる一棟工事したわけでもなく、洋室1つに洗面室、トイレ。 

そこに通じる廊下。 


内容としては、それだけの工事だったので、今回のお呼ばれは異例の事だと思います。 


我々クロス屋は、最後の仕上がりに近い所まで現場にいるので、全体のイメージはあります。 

でも、そこにカーテンがついたり家具を置いたり、照明器具や設備関係で、

またガラッと雰囲気が変わります。 


大工さんに至っては、僕らの下地を作り終えた頃に撤収する事になるので、

仕上がりを見る事は殆どないみたい。


あちこち見ながら、あ~でもない、こ~でもない。あの時こんな苦労したな~。 

ここなんか、こんな工夫してるんだ。とか。 

後からそれぞれの苦労話を聞いてると、なかなか面白い。


で、お客さんが一番喜んでくれたのが、トイレ。



このクロス。

ショールームで見て気に入って、

自分なりに随分イメージ膨らませて、とっても楽しみにしていたそうです。 

クロス張ってる時もチョコチョコ見に来て、そわそわ感たっぷり(笑)

張り終わって見て頂いた時には、ほんとにイメージ通りに出来上がったって感激してくれて。 

「涙が出るくらい嬉しいっ!」って喜んでくれました。


正に職人冥利に尽きますよね。 

だからこの商売辞められない(笑)


我々も工事段階ではここまでで、便器や化粧台が着いたのを見たのは初めて。

物凄く高価な、カプセルみたいな便器が着いててビックリ。

後はお客さんのセンスですね。素晴らしいです!




工事前から工務店さんの意気込みも凄かった。

常に一生懸命は当たり前。

どの現場も、もちろん全力で取り組んでますが、

たまにはこんな、職人が思わず張り切っちゃうような仕事もいいですね。




一通り出来上がりを見て回ってから、今度はお茶会。 

お茶とお菓子をいただきながら色々お話させていただきました。 


社長の熱い思いがちょっと暑苦しい感じはありましたが(笑)

このリフォームに対するお客さんの思い、職人の思い、

其々が仕事に対する思いをぶつけて、中々有意義な時間でした。


お客さんも「今、最高に幸せ」なんて、

きっとリップサービスもあったと思いますが、

その言葉を聞いて、僕らもとっても幸せな気分になりました。 


さあ、明日もお客さんの笑顔を見るために、頑張るぞ!!



----------------------------------

クロス・床のリフォーム

有限会社ヤマザキ美装

東京都足立区元木南町20-9

----------------------------------





Comments


bottom of page