top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

マスカレードナイト

                以前に小説では読みました。


なのでストーリーは覚えてます。

問題は、あの役は誰がやるんだろ? 難しい役あるよな。

小説で書くなら書けるけど、実際演技するのは大変だろうな~

って思ってたら、案外スッキリ演じちゃうもんですね役者さん

って。


映画の中で、長澤まさみちゃんが演じるコンシェルジュって

お仕事。

大きなホテルには、いるんでしょうが。

このお仕事、お客様には絶対に「無理」って言っちゃいけない

そうです。

ほんとかね?

クロス屋なら、逆に無理な部分を先に説明しますけどね。

いろんな仕事があるようです。


ホテルで思い出すのが、昨年応援で入った都内某有名ホテル。

歴史のある大きなホテルです。

大き過ぎます。

駐車場に車を止めてから、我々工事部隊の入場口までグルっと一回り。

入館手続きしてから、また一度外に出て別な入口へ。

別棟へ回って、バックヤード部分を皆でゾロゾロ通って、エレベーターに乗って。

エレベーター降りてから、迷路のような通路を右に曲がって左へ行って・・・


何とか工事する宴会場へ到着。

お昼ご飯は、今の経路をそのまま戻って外へ出て。

こりゃ、一回応援に来ただけじゃ、とても覚えられない。

いや、方向音痴の私は何回来たって覚えられません。

なので、常に誰かと一緒に行動です。


ところが、トイレも1階の隅っこにある、あそこだけしか使っちゃいけない。

誰かとタイミング合えばいいけど、こういう時って合わないもんです。

結局6時間我慢して、一人でトイレに行ってみました。


行きは何とか辿り着きました。

でも帰りは、しっかり迷子になりました。

エレベーターの横に各フロアの地図が貼ってあったので、その前で腕組みして

地図を睨んでました。

そしたらね~ ホテルマンの方が優しく声掛けてくれましてね~

なんと私達が工事してる宴会場まで、バックヤード部分をグルっと回って

案内してくれたんです。

かなりの距離だから、ホテルマンの方も偉い迷惑だったでしょう。


私、工事の人間でお客様じゃないですからね。

私がそこまで「連れてって」って言っても、「無理」って言われても仕方ない

んですけどね。

いや、ほんと。 ホテルの人ってとっても優しいです。

 

ありがとうございました。

あの時、声掛けて頂かなかったら永遠に彷徨い続けてたかも知れません。


Comments


bottom of page