top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

ピアノ教室の工事

先日の現場は、ピアノの先生のご自宅。

音響効果を考えて作られた、ピアノ室の改修工事が

メインで、我々がクロスを貼るのはピアノ室少々と

玄関廊下・階段室。




工事期間中、2台あるピアノは隣の部屋に移動しています。

生徒用のピアノ(800万円)と先生用のグランドピアノ(2500万円)とかなんとか・・・

隣の部屋に移動するだけでも、専門業者を依頼して、その額、ウン十万とか

言ってたな・・・


このピアノの先生、有名な方らしく、15年程イタリアで音楽活動

していたそうです。

知っている人は知っているかも!?


クロスの方は、これが結構難しくて。

階段室の天井が勾配ついてて、しかも大柄のステップ。

頭位置を確認しながらで、チョイと手間がかかります。



夕方になり、疲れが出て来た頃に・・・

ピアノを移動した隣の部屋から、美しい音色が・・・

そう。この時間、先生のピアノの練習のお時間のようです。


タリラリラ・タリラリラ・タリラリタリラリタリラリラ~♬

タッタッ・タリラリラ・タッタッ・タリラリラ~(^^♪


音を文字にすると、こうなります。

これで曲名解りますね?


いや、やっぱり凄い!

さすがプロです。

ピアノの演奏を直に聴く事なんて、私の人生ではなかなか無い事

ですが、これは凄いと思いましたよ。


ただね。

リサイタルではなく、練習なのでね。

途中で止まったり、つっかえたり・・・

間違えたんだか何だか、少し戻って弾き直したり・・・

美しいピアノの調べに乗って、調子よくクロス張ってても途中で

ずっこけたり・・・(笑)


でもね、癒されます。

いや、プロの凄さを実感します。


暫くして、ピアノ弾き終えて、先生がお部屋から出てきます。

小柄で華奢な感じ。

穏やかな微笑をたたえて、優しく「ご苦労様です~」

なんと、寝間着で裸足。


髪の毛がポヨポヨ。

そうね。

年の頃なら75~6。

素敵なお爺ちゃんでした。




コメント


bottom of page