top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

ハット目地

ボードのジョイント部分の動きを上手く逃がす為に、よく使われて

ますよね。


このハット目地にクロスを張る前の、下地処理の仕方。

以前はよくマスキングテープを貼って、上からパテして後から目地を切る。

って方法が、かなり一般的だったと思います。


でも、みんな、これでホントに大丈夫?って思ってたはず。


そんな事案を技能士会の仲間が送ってくれました。


これは数年前に、どこかのクロス屋さんが施工したハット目地。

マスキングテープの上からパテしてるんですが、数年経ったら

その部分が浮いてきた。


これは技能士会の仲間が施工した物じゃないけど、

補修工事と言う事で呼ばれたらしい。


確かに、このやり方は早いし楽だし・・・

ってことで、かなりフツーにやってたと思いますが、数年経って

この状態では、もう無理ですね。



最近、ちょこっと入った某大手ゼネコンさんの現場でも、

このような施工の仕方してるクロス屋さんがいました。


まだ、このような不具合の情報が届いてないのか。

それともマスキングテープの下にシーラーして、食い付きをよくしてるのか。

はたまた、物凄い接着力のテープを使用しているのか。


詳しい事は聞けずに終わりましたが、


奇麗に仕上げる。

奇麗を長持ちさせる。


はずの、便利で効果的な物も、現状まだ使いこなせてるとは言えそうもない。

やはり、もう一手間。 それしかないんでしょうね~



Comments


bottom of page