top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

ジェイシフ全国技能競技大会

ジェイシフって、関東建設インテリア事業協同組合の略称です。




昨年から全国大会って銘打ってますが、それまでは関東大会でした。

今回が34回目の大会との事ですが、私は28回と29回に出場して

平成25年の29回大会で優勝しました。

コロナで、おそらく3~4年ぐらいは中止になってたはずなので、

随分前の事になります。

ただ、この大会が技能グランプリへの登竜門と言われてたので、腕自慢が

多数参加して来たのを覚えてます。

その頃とは競技の内容も大きく変わりました。


以前は技能グランプリの鳥の子面。 いわゆる風車が同じ。

それ以外の織物クロスとビニールクロスに関しては、2級の検定試験と同じ。

確かに、ちょっと難易度が足りない感じがしました。

大阪グランプリや京都グランプリでは、技能グランプリと同じ内容でやってますからね。

まあ、時間の関係で化粧シートとパテは省かれてますが。


昨年から、この大会では紙を扱う面は一切無し。

なので袋を掛ける事もなし。

この辺が色々賛否の別れる所。

技能検定試験では、1級も2級も袋掛けるので、これをやれない技能士はいないはず。

まして、技能グランプリを意識するのであれば、この袋を掛けるってのは外せないと思いますが。


でもね。

実際の現場で袋を掛けるって作業をしてるクロス屋さんって、そうはいないですよね。




凄く現場に則した競技と言う点では、素晴らしい課題だと思います。

技能グランプリとは別に、こんな競技大会があっていい。

この課題を作成した人って、凄いと思うし、これを採用したジェイシフも英断ですね。


私から、この課題についてどうこう言うのも

おこがましいですが、これ、相当難しいと思いますよ。



出場した選手の皆さん、かなり練習積んで参加されたんでしょうが、凄いですね。

私も一度挑戦してみたい気もしますが、攻略法を色々考えちゃいますね。

それもまた、楽しみのうちでもありますが。


去年も今年も、私はこの競技大会を観に行ってません。

この写真も友達が送ってくれた物です。

でも来年は、是非この目で見たいものです。

この大会に出場された選手の皆さん、よく頑張りました。凄いです。

そして大会の開催、運営に尽力された皆さん、お疲れ様です。ご苦労様でした。

内装業界を盛り上げる為、そして発展の為に大きな力になったと思います。





Comments


bottom of page