top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

クロス職人の嗚咽


ある現場の改修工事。

現調する時間が取れなくて、元請けさんからの情報のみで段取り手配。


『ほぼスケルトンにしてるから、新築みたいなもんだよ』


LINEで送られて来た図面から数量を拾い出し、見積りもして、

現場の状況も大体把握して。


こういうのが結構怖い・・・


『クロスは壁だけ。天井は無し。

     床は全面長尺シート。

          巾木もあるよ。』


天井なしね・・

じゃ、天井はジプトンか何かだな。

クロス屋なら、大抵そう思う。


しかし、現場に行ってみたら~



もうパテ始めましたけどね。


確かに天井がない。


いや、なさ過ぎる。




クロス施工に関して、いくらかご存じの方には、聞こえるはずです。

クロス職人の嗚咽が・・・


上の写真が


こうなって




こうなる。


そして~



こうなる。


耐火被覆の綿が、ボロボロ崩れて落ちてくる。

これチクチクして痛痒い。


そこら中に舞って、吸い込んだら咳が・・・


身体にいいわけない!



もちろん言いたい事は言わせて頂きました!

本来の収まりと言うか、通常の仕上げ方と言うか。


でも、やるしかなきゃやる・・ですよ。

言いたい事言ったら、やる事やる・・ですよ。




ヤマ美連合! 白井さんが応援に来てくれてね!

結局、やるときゃ楽しくやる・・・ですね。


でも、やっぱり、現調・・おこたっちゃ~イカン・・ですね。

Comentarios


bottom of page