top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

ガラガラガラ

当社、千織さん。やっぱりね。

仕事に慣れてきて、無地のクロスなんかを貼ってると

ちょっと変わった物を扱いたくなりますね。

織物とか和紙とか。

でも、そこら辺はまだちょっとハードルが高い。


でも一般的な柄物なら十分いけます。

無地じゃ物足りない?

ふ~ん(笑)


でも、クロスを綺麗に早く貼るには、真っすぐ貼れる事が大事。

その点、柄物のクロスなら当然真っすぐ貼らなきゃいけないので

基本は詰まってますね。


今回は、こんな感じ。

レーザー使って水平垂直出して。


当然、壁一面での柄の割り振りなんかも

計算してます。

この部屋を綺麗に貼り上げるには?

そして、この柄物のクロスが一番綺麗に見えるのは

どんな貼り方すればいい?


部屋全体をよ~く見て、貼り出す前に入念にプランを立てます。


織物とか和紙とか珪藻土とか。

素材としての難しさもありますが、柄物のクロスをちゃ~んと考えて施工するのも

それなりに難しいですよね。

むしろ基本がここにある・・って感じ。


確実にステップアップして、楽しそうに仕事してる姿を見るのは、

私も楽しい(笑)

Comments


bottom of page