top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

もの作り体験授業

東京内装仕上技能士会では、実際に小学校に出向いて、

工作教室を実施しています。

これは職業能力開発協会からの依頼。

毎年、何校かに出講しています。



子供達にもの作りの楽しさを、知ってもらいたい。

最初は難しくても、一生懸命やってるうちに、だんだん上手に出来るようになってくる。

上手に出来たら、周りから褒められて、もっと上手に

作りたくて、だんだん夢中になって来る。


もの作りの原点ですね。



こんな体験を通して、将来のもの作りの担い手を育てられたら嬉しいですね。


今回は、コロナの影響で延期と言われてたのに、感染状況が急激に

改善されて来たので急遽開催となりました。

なので、参加した我々も予定を付けるのに四苦八苦。

何しろ現場を抜けて行くわけだから、そんなに簡単な事じゃない。


でもね。

子供って可愛いよね。

自分の子供以外は、皆一緒・・・って思ってる人、結構多いと思うけど。

楽しそうな、嬉しそうな子供達の顔見てると、こっちが嬉しくなるよ。


今回も竹ひごと和紙を使ったランプシェード作り。

お相手は小学校の4年生。

完成した後には、教室の暗幕を全部閉めて暗くして、ランプを点灯。


「わぁ、奇麗!」って子供達の歓声が響きます。


現場は更に大変な事になってるけど、やっぱり来て良かったって思います。

この歓声を明日の仕事の活力にします。





Comments


bottom of page