top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

もう直ぐ卒業

気が付けば、もう3月。

学生さんにとっては、最後の1ヶ月・・・でも、実質そんなにないからね。


4月から始まる新しい生活に、期待と不安を抱くのは・・

それはこの高年齢者校も同じ。


色々就活頑張って、ようやく決まった新しい職場ですが、実際に

働いてみないと判らない事って沢山あるからね。

今迄授業でやって来たことと、実際の現場では相当違うって事も

想像できる。

心配なのは、体力的な面が多いのでは?

授業でも、あんなに疲れるのに、現場に出たらどんなに大変なんだろ?


それにね。

現場の親方や先輩は、そんなに優しくないかも知れないよ。

山﨑先生や遠藤先生みたいに・・・ねぇ(笑)


でも、ここは思い切って一歩踏み出すしかないからね。

この学校に入って来る生徒さんは、みんな身体を動かすのが好きって人ばかり。

現場に出て、色んな楽しい事を経験してください。


逆に僕ら講師は、いつもこの時期は淋しくなっちまう。

半年間。たった20数回の授業。それでもね・・・


やっぱり、どのクラスにも思い入れはあるんですよ。

最初、何も出来なかった生徒が、毎回一生懸命頑張ってると

少しづつ出来るようになってくる。 

その過程を見てるだけでも充実感あるし、感慨深いもんがある。


今回のクラスも、みんな真面目で一生懸命!

いい就職が出来て、4月からいいスタート切れますように。


残りの壁装の授業、あと4回。

僕も感傷に浸りながら全力で取り組みます!


最新記事

すべて表示

壁装検定試験 指導法研究会

ここ数年恒例。 東京内装仕上技能士会では、検定試験に向けての練習会用に 指導方法を徹底する為の研究会を行っています。 検定試験練習会で講師を務めるのは、技能士会の会員で、既に 1級技能士の資格を取得している者ばかり。 皆、この試験に合格した、受験を経験した技能士です。 ですが、これを講師として指導するとなると、なかなか難しい。 その人によって、作業方法や手順がみんな違う。 それぞれが、自分なりのや

16期生最後の授業

さて、夢のような3日間を過ごして帰京します。 翌日から待っているのは、訓練校の仕事。 ここから3日連チャンで壁装の授業を行います。 この3日をもって、私の16期生の授業は終了。 学校自体は、まだまだ3月一杯講義があります。 壁装だって、まだ数回ある。 ただ私の担当する授業が、ここまで。 なので、「卒業おめでとう」って書くには、まだ早い(笑) やっぱり最後と思うと、感慨深いものがありますよ。 なにし

Comments


bottom of page