top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

ちょっと1回やってみましたが・・・

これ、難しいですね~

技能五輪 壁装デモ競技大会の課題です。


基本的に技能五輪は、23歳以下の大会になるので、2級の検定試験相当

にするって話だったんですが。


私もちょっと1度やってみようと、挑戦しましたが予想通りグダグダ・・・

寸法間違えたり、スライド定木ズレたり。

糊の濃度や塗布量まで狂ってたな。


まあ、集中力の欠如ですね。


ジョイント部分は、まず突き付けで。


伸び率を間違ったり、裁断で曲がったりしたら重ね切りもあり・・・

って事で。


なので織物クロスもビニールも和紙も、全ての材料の伸び率を正確に把握してないと奇麗に仕上がりません。

何度かやれば解ってくるでしょうから、出場する選手の皆さんは

既に把握済み?


もう少し、よく考えてから手を付ければ良かった(笑)


課題が発表されてるから、いきなりやれって訳じゃないので

何とかなるよね、みんな。


因みに和紙の面は、競技用の材料が手に入らず、うちの作業場にあったので

適当に張っただけなので誤解の無いように。

腰張りは障子紙。 湊紙ってのを使います。

ここで張ったのは、うちにあったブラックレス。

ホントの湊紙は全面糊にするとテレテレになって、運ぶのも難しいとか・・・


ビニールクロスも全部突き付け。

伸び率を計算して。

ここも寸法間違えて狂ったけど、まあ、これは何とかなりそうですね。

柄の割付も上手く出来そうだし。


横板は張らなかった。

鳥の子が違うので、参考にならんと思って。


今回私は、誰に教えるとかでも無いので、取り敢えずはお気楽な立場。

会場では技能士会の仲間、群馬の内田さん。神奈川の岡田さんと3人で、見本用に

展示する完成品を張り上げなきゃいけないんですが。

それも競技前日の夜に・・・

でも、スッゲェ仲間が2人一緒なので、完全に安心しきってます(笑)


現場もかなり忙しくなってきて、なかなか練習する時間も取れなくなってきた・・・

本当は自分が出場するくらいのつもりで、完璧に出来るようにしようと思ってたのに。

まあ、主役は競技大会に出場する選手の皆さん。

僕らは縁の下の力持ちに徹します。


でも、もう一回はやってみるよ(笑)


Comments


bottom of page