top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

そろそろ準備します。

繁忙期もそろそろ落ち着いて来て、少しまったりとした

空気が漂い出してます。

ず~っと忙しかったので、一息つくのも悪くない。


で、作業場で目に付いたのが壁装検定台。


検定試験の練習会も5月には始めます。

その前に指導法研究会もやらなきゃ。

更にその前に、事前確認として自分で一度やっておこう。



去年、最後に張ってみて、完成した台がそのまま置きっ放しに

なってました。

なので、まずはこれを剥がしてから。


これ。

剥がすの結構大変ですよね。


人によって剥がし方が違ったりして、上手い事

剥がす人もいるし、要領悪い人もいる。




千織さんが手伝ってくれます。


いや(笑)

実は全部千織が剥がしました。


彼女、一昨年2級を取得したので1級の受験資格を得るのは

来年になります。

でも時間があったら、練習してみようかな~って感じ。

今からやったら、きっと飽きるよ(笑)



この架台。

剥がすの上手な人は、やっぱり検定試験でも高得点でしょう。

何度も張って、何度も剥がして・・・

練習量の多さから、剥がすのにもコツを掴んでる。

そして、この検定台をいつも綺麗に掃除してる。


検定台を大切に扱わない奴が、合格するわけない。

検定台に感謝を込めて、綺麗にしてあげないとね。




そして、この台。

ついでにこれも剥がしちゃおう。


見る人が見れば解るよね~

そうです。

これはグランプリ台。

最後に張ったのは、名古屋グランプリの前年だから

かなり前だね。

今年は延期になったけど、どうやら来年には技能グランプリも

開催される見込み。

そうなると、またグランプリ練習があるかも知れないし、

久し振りに、またやってみるかな~


昔のやり方じゃなく、今の僕ならどうやって仕上げるか?

もう一回、初心に戻ってやり直してみようか。

実際、大会に出る事はもう無いけど、気楽に楽しんでみるのも悪くない。


検定試験の確認したら、次はこれだな(笑)

Comments


bottom of page