top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

さよなら大久保校

3年間通った職業訓練校も、今日が最後。

最後と言っても、授業は既に終えているので、

こうしてこの校舎に来るのが最後と言う意味です。

4月からは、元の飯田橋しごとセンターに戻ります。


で、最後に何をしにこの校舎に来たのかと言いますと。

この3年間で、ここで使っていた工具や資料等を整理する為です。

いらない物や、傷みが激しい物は思い切って処分したり、

他の訓練校で使える物は使ってもらうように。

飯田橋校で引き続き使う物は、そのように。

その仕分けの為に、内装施工科の講師8人と、担任の吉田先生の

9人で朝から集合したわけです。


実はこの3年間だけの荷物じゃない。

この内装施工科が、出来る以前からの物が山ほどある。

なので、朝から作業を始めて17時過ぎまで、目一杯。

動きに動いて、みんな良く働きました。

普段と違う動きで、もうヘトヘト。 

いつもの現場以上に疲れました。


最後に記念に一枚。


この校舎とはお別れだけど・・・

こうして内装施工科の講師が、一同に会することも

初めて。

壁装・床仕上げ・木工・表具の授業は別日に行うので、

それぞれ担当の講師と顔を合わせる事は殆どありません。


なので・・・




こんな感じになる訳です。

最後はみんなで打ち上げ!


千織さん、写ってますね~

そうなんです。千織さんも講師なんです。

ハウスクリーニングの先生。壁装も少し。

別に隠してる訳じゃないけど、特にアピールもしてないので、知らなかった人もいるかな?



4月から飯田橋のしごとセンターに移りますが、引っ越した先の整理もあって、

訓練校自体がスタートするのは7月から。


我々の出番は、それからになります。

新しい環境で、また頑張ります。

最新記事

すべて表示

壁装検定試験 指導法研究会

ここ数年恒例。 東京内装仕上技能士会では、検定試験に向けての練習会用に 指導方法を徹底する為の研究会を行っています。 検定試験練習会で講師を務めるのは、技能士会の会員で、既に 1級技能士の資格を取得している者ばかり。 皆、この試験に合格した、受験を経験した技能士です。 ですが、これを講師として指導するとなると、なかなか難しい。 その人によって、作業方法や手順がみんな違う。 それぞれが、自分なりのや

16期生最後の授業

さて、夢のような3日間を過ごして帰京します。 翌日から待っているのは、訓練校の仕事。 ここから3日連チャンで壁装の授業を行います。 この3日をもって、私の16期生の授業は終了。 学校自体は、まだまだ3月一杯講義があります。 壁装だって、まだ数回ある。 ただ私の担当する授業が、ここまで。 なので、「卒業おめでとう」って書くには、まだ早い(笑) やっぱり最後と思うと、感慨深いものがありますよ。 なにし

卒業生

本日、職業訓練校。 クロスの授業。 このクラスとも、もう直ぐお別れ。 私は残り4回の授業を担当してますが、そろそろ寂しく なって来てます(笑) 半年間、20数回の授業をして来ましたが、今回もやはり 思い入れはあります。 な~んて感傷に浸っていると・・・ 昼休みに私がぼんやりしていると、我々講師の控室にひょっこり 懐かしい顔が現れた! 13期生のK君。 1年半前の卒業生と言う事になりますかね~ 今日

コメント


bottom of page