top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

くるみの検定練習

そろそろ始めます。

あまり早く始めても、きっと飽きちゃうし、途中で

間延びしても効率が良くないだろうと、ここまで機が熟すのを

待ちました。

くるみもヤマ美に来て1年。

現場経験を積んで、満を持しての検定試験挑戦です。


な~んて書くと、プレッシャーかけまくってる感じですね~

それも良いでしょう(笑)


訓練校に在学中、1度だけ検定試験を模した

授業がありました。

でも、こんな検定台を使った本格的な物では無く、

現場に則した内容に切り替えて、実戦向きにして

ました。

なので、くるみにとっては、ほぼほぼ初めてと言っていい。


この日は本格的な検定練習の1回目と言う事で、まずは

全体の流れを把握する為、私がやって見せた後、自分で

やってみる・・・と言う事で。


糊とぎから。

パテして糊を練って。 それからようやく袋掛けに取り掛かる。

少しでも早く袋に行きたいからね。 ここはスンナリ行かなきゃいけない所。



訓練校時代の表具の授業で、袋掛けは散々やってるので

なかなか上手いもんです。

襖とかやった事のないクロス屋さんより、数段綺麗に速く

張り上げます。









やっぱり試験に落ちるのは、寸法間違いが多いかな。

しっかり練習して、間違いの無いように。




色々解説しながら、教えながらなので、最後まで

1日で終わらないかと思ってたけど、何とか

いけた。


一応一通り教えたので、後はいかに自分の時間を

潰して練習出来るか。

本人次第。


楽しみですね~

きっと頑張ってくれると思います(笑)

Comments


bottom of page