top of page
  • 執筆者の写真Yamazaki Yutaka

「現代の名工」受章を祝って


技能士会で、私の現代の名工受章を祝って

花束と金一封を頂きました。


壇上に上がって贈呈式。


軽く挨拶するのかな~と思って、少しばかり

考えてもいましたが、そんな雰囲気も無く。

一言「ありがとうございました」・・・で終了。





私が技能士会に入って18年経ちます。

壁装1級技能士を取得した年だから、間違いない。

最初の数年は年会費を払うだけの幽霊会員。

それが遠藤副会長と出会って「こんなに面白い人がいる。こんなに素敵な(笑)人がいる技能士会。」って、他にはどんな人がいるんだろう?って好奇心と。

もっと上手くなりたい。もっと良い職人になりたい。っていう思いから、技能士会の活動にも

積極的に参加するようになりました。



思った通り、技能士会には個性的な人がいっぱい。

そんな仲間と仕事の話をしたり、技術の話をしたり。社長として、親方としての悩み事なんかも話したり。


それから一緒に練習会や講習会やったり、競技大会の練習したり。全国に友達が出来て、交流して。

そんな時間が楽しくて(笑)




また、メーカーさんと仲良くなって、色んな交流があって・・・


色んな行事やイベントにも参加して、沢山の人と知り合って沢山の経験をさせて頂いて・・・

そんな時間が楽しくて。


そうして少しづつ自分もスキルアップして、成長出来たんだと思います。


そんな積み重ねが、現代の名工に辿り着いたのだと思ってます。

こうして名工を受章して、改めて多くの人に感謝の気持ちでいっぱいです。


私を助けてくれた人、力になってくれた人。私を支えてくれた人。指導してくれた人。

それから、私に意地悪だった人。喧嘩した人。無理難題を押し付けてくる人。私に試練を与えてくれた人。

そんな全ての人のお陰で成長できたと思う。

私の人生に関わってくれた全ての人に感謝したいと思います。 


技能士会に入って、私自身も私の人生も、大きく変わりました。


これからも、この「現代の名工」に恥じないように、自分なりに自分のペースで(笑)努力してまいります。


そして、この懇親会を締める挨拶をしたのは・・・


はい。

ウォールボンド工業の山下さん。

先日は別件で大変お世話になりました。


今年10月には新社屋が完成予定だそうで。

また遊びに寄らせて頂きます。


こうして東京内装仕上技能士会、総会懇親会は楽しく

賑やかに幕を閉じたのでした。


Comments


bottom of page